2019年はこれをやっておけ

HEINEです。

新年明けましておめでとうございます。2019年が始まりました。
月日が経つのは早いですね。本当にそう感じます。

今回の記事は2019年の一番最初ということで、これから起業をする人向けに僕が考える
2019年はズバリこれをやっておけ!
という、濃縮されたエッセンスを送りたいと思います。最後まで楽しみながら読んでくださいね。

結局どの時代も絶対的に必要なもの

2019年に入り、ますます重要さを増しているのが情報発信。

一言で情報発信と言っても何のこっちゃだと思いますので、詳しく話すと、
ブログやFacebookTwitter、インスタ、YouTubeなど、SNSと呼ばれるもの含め、
インターネット上で情報を発信する行為。
これは今年も非常に重要になります。

むしろ、年々その価値が上振れていくかなと感じています。
理由は企業よりも発信者の方が立ち位置が上だからです。
例えば、インスタグラムで自分の好きなファッションを自撮りしていた人がインフルエンサーとして今や企業から広告収入を得てPR(広告)をする時代です。
企業が個人に頭を下げて広告を”させてもらう”ようになっています。この流れは今後、より加速していくでしょう。

他のSNSでも同様です。
ブログでもYouTubeでも先ほどのインスタグラムと同じことが起きています。

だからこそですが、起業をしたいと思っている人こそ、情報発信をしなければなりません。
ただ、勘違いしてほしくないのは、情報発信をすることは自らが広告塔となって、広告費を得ることだけが目的ではありません。

一番は自分だけの市場を作ることができることです。
自分の商品を購入してくれる可能性がある人のことを見込み客と言いますが、見込み客をまず集めることができ、そこから何か商品を購入してくれた人が生まれればお客さんが誕生して、あなたの市場が生まれます。

これをする必要があるのです。
そしてなによりこれこそが情報を発信する理由になります。

なぜ企業が個人(または小さな企業)に対して頭を下げて広告費を投じるのか、

それは、あなたの向こう側に商品を購入してくれるお客さんがいることがわかっているからです。
だから数百万、数千万の大金を使うのです。

つまり企業は投資しているわけですね。

大金を投じてあなたのお客さん達に商品、またはサービスを届けたいのです。

逆をいうと、企業が商品やサービスを届ける相手がいなければお金を投じることはありません。
だからあなたは情報発信をする必要があるのです。

ブログは終了しました

とはいえ、じゃあ情報発信はどこですればいいんだよ、というのが次に立ちはだかってくると思います。

答えはですね、20191月現在は動画が一番良いですね。動画、あとライブもそうです。
視覚的に情報を伝えることができるものが良いです。

僕はこうしてブログをやっていますが、
趣味でやるのはいいとして(または別の目的があるならいいとして)
動画で情報発信をした方が良いですね。
ブログで情報発信するのとYouTubeで情報発信をするのとではYouTubeの方が圧倒的にパワーを持ちます。
調べてみるとわかりますが、ブロガーと呼ばれている人たちがこぞってYouTubeに流れてきていたりもします。
あるブロガーはブログで築き上げてきたPV(ページビュー)を瞬く間にYouTubeで越えてしまい参ったと書かれている記事も見かけました。

Google自体も検索エンジンとして動画を強化することや、それを予言するような発言もしています。

情報発信をするなら、効率が良いのが今や動画なのです。
(あと17liveなどライブもですね)

今だからこそ自分にあったメディアを

ただ、じゃあ動画がきてるならYouTube!とすぐYouTubeをやりだすのは早すぎます。
確かに動画が一つのトレンドになっていることは間違いないですが、それと情報発信ができるかは別問題になります。

ポイントはトレンドと継続性を見極めることです。
トレンドとは今何が時代にマッチしているかという点。

今回の話では動画やライブがまさにそれに該当しますよね。
でも、継続性がなかったらどうでしょう?
あなたが顔出しするのは苦手だなと感じている場合、継続し続けることは難しいかもしれません。

それなら継続できる方法として、動画だけど自分が表にでない方法だったり、何か被り物をして投稿をするということも考えられます。
それも難しい場合は、メインをブログにして、YouTubeをラジオのようにして音声だけにする、ということもアリでしょう。

やり方は無数にあります。
工夫をして、自分のやり方に合う方法にした方が、長く継続していくことができます。
大切なのは継続することです。
継続ができなければ情報発信をしても、一発屋にすらなることができず終わってしまいます。
それではもったいないですよね。
自分が継続できる情報発信のスタイルを見つけましょう。

あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。

HEINE


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。