中毒性には気をつけて

HEINEです。

僕たちはいつもある中毒性のある
麻薬によって行動をしています。

この麻薬というのは、自らの
意志で取り込むのではなく、
外部からの刺激で反応します。
 
その名は”感情”。
 
僕たちはこの感情というやつに
振り回されては行動をしています。
 
感情抜きに行動をすることは
僕らが”ヒト”という動物である以上
一度たりともないのです。
 
そしてこの感情ですが、、、
 
なんと中毒性があります。
 
つまり
 
怒りっぽい人はどんどん怒りやすくなり、
些細なことでも怒り出してしまいます。
 
逆に
 
よく泣く人はいつも泣いていては
悲しんでいて、なにかあるとすぐ
落ち込んだりするようになります。
 
感情には中毒性があるんです。
 
中毒性があるから感情を捨てる、
ということも僕らが動物である以上
できませんし、困ったものです。
 
じゃあどうしたらこの中毒性から
解放されることができるかというと、
2つのステップで解放できます。
 
1つ目はまず感情を認識すること。
 
自分が怒りっぽいのであれば、
どういう時に怒りっぽいのか
を書き出してみるといいです。
 
そうして書き出して認識すると、
同様のシーンが起きた時に、
 
 「あ、今怒ってるな」
 
と感情が動いているシーンに
気づくことができます。
(これがかなり重要です)
 
すると怒っているのにどこか
冷静にその状態を見ている
自分がいるという状態ができて、
冷静になれるんですね。
 
そして次に態度を変える。
 
普段だったら怒っていたシーンが、
認識できるようになると、
今度はこれから怒る瞬間の態度を
変えることができるんです。
 
例えば
 
いつも否定的な意見を聞くと
目の前にいるこいつは敵だ!
と認識してカッと怒りが沸いて
それ以降話が聞けなかったのが、
 
認識できるようになると、
ふとそういった意見も確かに
考えられるな、となり、
相手に対して怒りではなく、
新しい視点を教えてくれてありがとう!
と感謝を伝えることができる、
 
みたいな感じです。
 
こうすると中毒性のあった感情から
解放されて相手とのコミュニケーション
も変わってきますし、結果、
人間関係もガラッと変わってきます。
 
あなたの周りに人たちが
あなたに対する評判も変わるので、
感情1つでかなり大きな影響です。
 
感情に対して中毒になるのではなく、
感情を認識して解放してあげましょう。
 
それだけで人生が変わりますよ。
 
今日はこの辺で。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。