成功者が同窓会に行かないたった1つの理由

HEINEです。

節目の時期になると、必ずあるイベントの一つに同窓会がありますよね。

あれ、僕は全く参加しないんですが、あなたはどうです?

ちなみに、僕の友人の経営者たちも参加していなくて、ある時話を聞いてみた所、ある共通点があることがわかりました。

今回は成功者が同窓会に行かない理由を話していこうかなと思います。

おそらく、同窓会をこういった視点で考えたことがないと思うので、新鮮だと思いますし、現在あなたが起業したいと考えているのなら、今回の話はかなり有益になるかと思います。

同窓会に参加する人達ってどんな人?

そもそも、同窓会って年齢によって機会がありますよね。

ざっくりと5年スパンの機会であったりします。

で、この同窓会なんですが、どういう人が参加してるか、考えたことありますか?

ハッキリ言っちゃいますけど、以下の3つのタイプの人が参加するんです。

  1. 現実逃避のために参加する人
  2. 営業の新規開拓のために参加する人
  3. もしかしたら(ワンチャン)を狙って参加する人

それぞれ具体的に説明しますね。

同窓会参加者の悲しすぎる現実

現実逃避のために参加する人

まずこのタイプの人が一番多いです。

このタイプはどんな人かというと、昔が一番楽しかったという人たちで、その当時を思い出すために参加します

つまり、今の現実は辛いから現実逃避をしたくて参加をしている人たちですね。

まぁといっても当然ですが、同窓会中ってずっと昔話をするわけではないですよね。

現在の話も出てくるので、そうなると愚痴がたくさん出てきたりする人でもあります。

ただ、これらの人は解決方法を求めていません。
要は聞いてほしいだけなんですよね。

なので、有意義な時間にならないんですよね。

営業の新規開拓のために参加する人

次に多いのがこのタイプです。

特に多いのが保険とネットワークビジネスですね。

彼らは常に新規顧客を開拓しようとあちこち出歩いているので、『人と会う機会=新規のいる場所』と認識しています。

なので、同窓会は古い友人に会う場所ではなく、顧客開拓の場所になっているんですよね。

話してみるとわかるんですが、彼らは話を聞いているような素振りはしつつも、頭の中で「買ってくれるかな」と値踏みをしているので、あまり話を聞いていないのが印象的です。

もしかしたら(ワンチャン)を狙って参加する人

このタイプは男性が多いですね。

簡単にいうと、久しぶりに会った勢いでワンナイトラブがあることを期待している人です

ちなみに、30代以降になると既婚率も高くなるので、同窓会のワンナイトラブからダブル不倫に発展することもあるみたいです。

・・・

と、以上のタイプが90%以上を占めているのが同窓会参加者です。

となると、今現在のことや将来のことを話せる人はほとんどいないということになりますよね。

だから、同窓会に参加する理由がないんです。

同窓会がマイナスである根本原因

じゃあ、なぜ同窓会に参加する人たちは、先ほど話したような人たちばかりなんでしょうか?

答えは簡単。過去に執着しているからです。

どういうことか。

過去って二度と戻ることができませんよね?
けれど、だからこそ、記憶の中で甘美に映って見えるんですよね。

要は、「あの頃はよかったなぁ。」ってなるってことです。

このフレーズ、同窓会に行くと必ず聞くセリフです。

思い出って脳の中で補正されて、良い思い出はさらに美化され、苦い思い出は緩和されるか、忘れてしまうんですよね。

なので、美しかったあの頃の過去へ近づこうとするんです。

一方で、成功者は過去を振り返ったりしません。
執着していないんですよね。

それは『過去は執着』であることを理解しているからなんですよ。

彼らは

「過去を語っても何も変わらないし、今これからのことを考えようよ。」

と口を揃えて言います。

だから同窓会に行かないんですね。

余談になりますが、僕へくる相談のほとんどはやっぱり過去に関してのことが多いですね。

「詐欺にあってしまってなんとかして取り返したい」
「別れた人をなんとかして振り返らせたい」
「過去にうまくいかなかったからこれからできるか不安だ」

ほとんど過去のことばかりです。

過去に執着すると事故にあう

繰り返しになるんですが、過去っていうのは変えることはできません。

だから、今と未来を見るべきなんです。

例えば、あなたが今運転席にいるとしますよね。

もしその状態で後ろを見ながらアクセルを踏んだらどうなりますか?

当然すぐ事故にあいますよね。だって、前を見てないんですから。
それと一緒ってことです。

過去に囚われてしまうと、事故に遭いやすくなってしまうんですよね。

詐欺にあった人はその後また同様の詐欺にあう人が多い理由もこれと一緒。

彼氏に振られてそのことばかりを考えている女性は男性に騙されてしまう理由も同じです。

過去に執着しているから、また事故にあってしまったのです。

しかも、一度目の事故よりも大きな事故にです。

この手の話はあなたも一度は聞いたことあると思います。

だから『過去は執着』なんですよね。

前を見て生きよう

もちろん、過去をすぐ切り替えられないという人もいると思います。
僕も元々そうでした。

そんな時は、今が一番楽しい!と言えるにはどんな状態で、どうしたらそうなれるのかを考えてみてください。

成功者と言われている人たちは皆それをやっていますし、僕もそうしています。
また、周りの仲間も同じことをやっています。

すると今と未来のことを話したりして、常に”今この瞬間が一番”と言えるような関係ができています。
あなたもそういう人が周りにいた方が楽しいと思いませんか?

同窓会にいく時間があるのなら、今と未来を語り合えて、共に成長できる人との関係を作っていきましょう。

何倍も人生を豊かに変えてくれること間違いなしです。


【無料】自分らしく生きたい個人のための資金ゼロからの起業する方法をプレゼント中