ビジネス書をどんなに読んでも儲からない理由

HEINEです。

ビジネス書、自己啓発書をたくさん読んでいる人っていますよね。
人によっては一日一冊読んだりと、ものすごい勉強家もいたりします。

が、それが実になっているかというと話は別です。

何冊読んでも、一向に成長を感じられない人は多いです。
これは読書の仕方が悪いのでしょうか?

今回はビジネス書をどんなに読んでもお金儲けにつながらない理由についてを解説します。
正直、この記事を読むことで、二度と無駄なお金と時間を使わなくなるようになれます。
そして、どこにお金を投じるべきかの判断力がつくようになりますので、是非最後まで読んでみてください。

ビジネス書をどんなに読んでも儲からない理由

ビジネス書をどんなに読んでも儲からない理由は、出版社と著者の意図が重ならないからです。

「出版社と著者の意図が違う?どういうこと?」

と思うでしょうからまず著者側の話をしますね。
まず出版をしたい人は二種類いるのです。

二種類の出版したい人
1.ブランディングしたい人
2.本当にみんなに稼いでほしいと思っている人

そして、ブランディングしたい人が90%以上を占めています
やっぱり、「著者」という肩書きはそれだけ価値が高いんですね。
著者という肩書きがあるだけで、周りからの見られ方がガラっと変わるからです。

例えば、あなたがどんなに自分が優れているコンサルタントと名乗っても、信用してくれません。
なぜなら、権威性もなければ信憑性が無いからです。

ところが、「著者」という冠がつくことで、印象が一変します。
「この人なら間違いない」と疑うことなく信じてくれるのです。
なので、この権威性が欲しくて出版をする人が大半です。

一方、本当にみんなに稼いで欲しいと思っている人もいます。
ただし、全体の約10%、もしかしたらもっと少ないかもしれません。

これらの人は、読者に本当に稼いで欲しいと願っている、情熱がある人です。

出版者と著者のリアル

以前、知人に出版の依頼が来たときの話です。
彼はマーケティングが専門なのでこれを機にと、貴重な知識やスキル、ノウハウ、経験談をふんだんに入れて原稿いっぱいに書きました。
みんなに儲かって欲しいと思っていたからです。

ところが、編集者からほとんどの部分がカットされて戻ってきたらしいです。

みんなに儲かって欲しいとなると、本の内容は専門的なことも書く必要が出てきます。
プロとして儲かってもらおうと書いた内容なのですが、それがカットの原因になったようです。

カットされたらどうなるかといえば、書店に並ぶ他の本とほとんど一緒のものになります
薄い内容で100ページ以上を埋めた本が、また一冊、書店に並ぶだけです。
だから、世の中のビジネス本(インスタだろうが、ブログだろうが、転売だろうが)はほとんどが内容が薄くて似たり寄ったりなのです。

結果、知人は自分が伝えたいメッセージが書けないということで出版の話をことわりました。

出版社の意図は売上をあげること

なぜこんなことが起きるのでしょうか?
それは出版社の立場になって考えるとわかります。

出版社の立場からすると、上級者向けの専門的な内容はいらないのです。
理由は需要が少ないからです

少ないということは、市場が小さいということ。
市場が小さいということは、当然が見込める売上が低いということです。

一方で、初心者の市場はとても大きいです。
なので、初心者向けの本にしたいのです。

ただ、となると内容が薄い分、他で補わなくてはいけなくなりますよね。
なので、著者の過去とかプロフィール、経験談でじょうずに補っているのです。

書店に並ぶビジネス本を手にとって見てみてください。
大体の流れが、著者のプロフィールから今にいたるまで、そこに少し初心者が喜びそうなテクニックが書かれている流れです。

出版社は分かっています。
初心者向けであることやわかりやすくキャッチーであることが、売上に繋がるということを。

こうした本がたくさんあるので、ビジネス書をどれだけ読んでもお金儲けができず、人生を変えることができないのです

もちろん、ビジネス書の中にはヒントになることはあります。
本のある一行からビジネスのヒントを得た、という経験は僕にもあります。
しかし、ここに気づくことができたのは、すでにビジネスをやっていたからです。
初心者の人にはその視点すらないので気づけないのです。

気づけないまま、「1,500円だし、まぁいっか。」と払い続けるのです。

結果、トータルで10〜20万とかをビジネス書に使っている人は結構います。
彼らのほとんどは、まったく儲けることができていません。

まとめ

ビジネスをきちんと身につけたいのなら、ビジネス書を読んでも意味がありません。

本当に身につけたいのなら、お金、時間、労力を大家に、その道のプロの講座やイベントに参加するのが一番早いです。
もちろん、本のように金額が1,500円とかではありませんが、トータルでみたら、一番安く済みます。

本気で学習したい人は投資先をビジネス書からプロから直接学ぶ環境にしましょう。


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法