転職したいサラリーマンが搾取される時代

HEINEです。

今年のGWは10連休でしたよね。
かなり特殊な連休だったと思います。

その連休で実はすごく儲かった企業が
あるんですが知ってますか?

ちょうどニュースでも話題になったので
名前こそ知っているかもしれません。

「退職代行」の会社です。
こちらです。)

僕はとても興味深いなと思っていてですね。
今の時代、退職すら自分でしないんだと
かなり衝撃を受けました。

ちなみに料金ですが、

・正社員・契約社員 50,000円
・パート・アルバイト 40,000円

のようですね。

僕からしたら、この金額を払うくらいなら
自分で伝えた方がいいんじゃないか
と思ったのですが、

(そもそも会社員の給料からしたら
 かなり高い金額だと思うので)

でも、中には自分では言えない位
悩んでいる人もいるんでしょうね。

ニュースになる程需要があるというのは
高いお金を払ってもいいから解決したい
悩みなんだなと思いました。

会社を辞めるのも簡単になったものです。

ついでに驚く実話を話します。

友人の小学校教諭に聞いたのですが、
新卒で担任が決まったのに前日になって

「やっぱり辞めます」

と連絡がきて当日来なかったという
先生がいるそうです。
(今年は二人と言っていました。)

…どうなっているんだ、と思いますよね汗

3月といったら既に担任が決まっているので
子ども達(というか親)へも伝わっています。
それが初日からいないという事態です。

僕は子どもがいませんが、親の立場からしたら
かなり不安になると思います。

で、

それをどう対処しているかというと、
基本は他の先生達でなんとか埋め合わせをして、
最悪教頭先生が臨時で担任をするようです。

なんだか時代が変わったなぁと思いますよね。

ちなみに友人曰く、

違う学校に勤務している先生友人達と話して
よく出てくる話らしいのであまり騒がなくなった
と言っていました。

また、

本屋さんでたまたま見かけた本なんですが、
これは売れるなと思うものを見つけました。

本を手に取る対象が明確なのと、
読み手が一番共感する部分が
しっかりと書かれていたからです。

なのでもしやと思い、Amazonで見たところ、
やっぱり評価がある程度ついていました。

つまり売れてるってことですね。

これらのことから何が言えるかというと、、、

『人材の取り合い合戦が行われている』

ということですね。

あちこちで、

「年収があがるから転職した方がいいよ」
「退職したいなら自分で言わなくてもできるよ」

という宣伝をしあっているということです。

だから甘い言葉で、

・転職はカンタン
・退職はカンタン
・スマホだけで審査は少ない
・最短●日

などの言葉がこれからもっと増えていくでしょう。

そして

そこに乗っかっている人は、お金を払いながら
あちこちたらい回しにされていくイメージです。

逆に

この取り合い合戦をしている企業側は
すごく儲かるでしょうね。

なので、

本業は全然違うことをしているのに
急に人材紹介業を始める企業も
増えてきましたよね。

この一連の流れから言えることは、
簡単だからと言って、
退職や転職をしてしまっていると、

むしろ、

自分のキャリアに傷をつくという
大きな代償を払っている上で
さらにお金を払う、

ということになるんだということを
認識してほしいですね。

「カンタン」

という言葉はとても聞こえはいいですが、
その背景にはその言葉を投げかけている
企業側の意図が必ずあるわけですからね。

そして

企業は儲からないことは絶対にしません。

辞めやすい環境は確かに、
新しい選択をできるチャンスでもありますが、

その一方で、

自分のキャリアを傷つけ、お金を払う
というリスクも背負っているんだということ。

今回はそのことを感じました。

まぁ僕だったら、転職する位だったら
自分だけの資産をコツコツ作った方が
一番安心だと確信していますけどね。

今日はこの辺で。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
  
HEINE


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法