関わるとヤバイ人の見分け方

明日香
本日のテーマは、『すぐ逃げろ!関わるとやばい人の特徴』についてです。
HEINE
なるほどね。僕、人間関係やっているじゃないですか、だから色んな人会ってきているんですよ。このタイプだけは絶対に関わってはダメっていう人がいるんですよね。
美穂
ほ~
HEINE
それについてを今日はお話ししようかなと。人間関係を言ってるからさ、世界中の人達は手を繋いで、和になって、「ピースピース、ラブアンドピース」みたいな感じに思っている人もいるかもしれないけども。そうじゃない人もいるよと。
明日香
平和だな~(笑)
HEINE
だから、これは関わっちゃまずい人の話ですね。二人は条件として関わってまずいタイプというのはありますか?
美穂
あるある!
HEINE
例えば?
美穂
私去年営業やっていて、毎日すごい数の人達と会っていたわけですよ。これやってくる人はやばいというのが一個あります。すぐ会に誘う奴。
HEINE
すぐ会に誘うやつ?どういうこと?(笑)
明日香
なになに?(笑)
美穂
ビジネス交流会とか、その会の名刺とか作っているんですよ、その人達って(笑)
HEINE
あ~
明日香
へえ~
美穂
何とかの会みたいな。で、それを「絶対に来た方が良いから。あなたのビジネスも広がると思うから」って言う人は、大体やばい奴(笑)
HEINE
 あ~、なるほどね。
明日香
へえ~
HEINE
僕もね、ちょい前くらいですかね?僕そもそも会とか行かないからアレですけど。世の中にはこんなに会があるのか?と。
美穂
あるよね!そうそう(笑)
明日香
え~私は全然わからない(笑)

 

HEINE
太陽系の数よりありますから。
美穂
会だらけ!(笑)
HEINE
もうなんかね、すごいですよ。銀河もびっくり。
美穂
ネットビジネス系だったりするパターンもあるし、ただ会社やってますっていう人のダラダラ集まっている会もあるし、傷の舐め合いみたいなさ。
明日香
へえ~
美穂
お金集めることだけが目的で、中身が無いようなのとかさ。それを「来たらあなたの為になるから」って押し付けてくる人は、本当に関わらない方が良いと思う。
HEINE
すぐ誘ってくる人もいるんですね、やっぱり。
美穂
いますいます。
HEINE
なるほどね。美穂さんはそういう感じだった。
美穂
うんうん。
HEINE
明日香はなんかある?この人はヤバイなと。
明日香
私はこの動画で教わったとういうか、ずっとマイナスな発言をする人。
美穂
あ~
明日香
自分がどんなに「頑張ろうよ」って言っても、「でも私は。。」みたいに言ってくる人。HEINEさん言っていたじゃないですか、何回もラベル貼ったって結局変わらないそういう人に時間を注ぎ込むって無駄だって。その動画を改めて見て「そうだよな~」って思って。
HEINE
最近そういう経験した?
明日香
最近は。。。でもちょっと見方は変わりました。この人前も同じこと言っていて、私は「でもそれでもやるしかないよね」みたいな感じで終わったはずなのに、また同じこと言ってるなって。アンテナが立つようになったというか。
美穂
分かる~いるいる!(笑)
明日香
それもだし、やっぱり引っ張られますね。
HEINE
そうね。
明日香
だから何回も何回もネガティブなこと言われると自分もシュンってなっちゃう。だからマイナスな人と関わるのが良くないと思います。
HEINE
そう言う人達ってタイムリープしているから、同じ時代をぐるぐる回っているんですよ。
明日香
そう(笑)
HEINE
「あれ?同じ景色みたぞ」みたいな。
明日香
私前に、HEINEさんが意見すると、みんなプラスになるって思っていたから、「HEINEさんがいいことを助言して、直らない人いるんですか?」みたいな質問をした気がするんですよ。
HEINE
あ~
明日香
「HEINEさんでも変えられない人はいるんですか?」みたいな。で、私その時は、世の中の人がみんな変わると言うかさ。
HEINE
ラベル張り替えたらね。
明日香
そうそう。でも確かに「変わらない人もいるんだな」っていうことを理解してからは、マイナスの人はよくないですね。
HEINE
そうね。じゃあもう色々経験したわけだ。
明日香
はい!ちょっと学びました。レベル1っていう感じです(笑)
美穂
(笑)
HEINE
なるほどね(笑)大事なことだからね。
明日香
はい。
HEINE
それが分かってくると、この人今どういうふうにラベル貼っているなってのが、すぐ分かるようになってくるんだよね。
明日香
そうそう。

 

自分にスポットライトを当てている人はやばいと思います。
HEINE
なるほどね。まあ二人が言っていた、基準に近いもので、もっと抽象的かもしれないんだけど、僕が本当にやばいなと思っている人は、自分にスポットライトを当てている人はやばいと思います。
美穂
うんうん
明日香
確かに、それはめちゃくちゃある(笑)
HEINE
さっきのネガティブもそうだし、すぐ誘ってくる人もそうなんだけど、結局それって自分のことを考えているよね?
明日香
自分の為ですよね。
美穂
そうそう、本当にそう。
HEINE
前に、多分明日香がいた時だと思うんだけど、このビルのところに突然訪問営業してきてね、「新聞を取りませんか?」って来た時があるんですよ。
明日香
はいはい。
HEINE
で、その時に、「いらないです」っていうか、中入ってきているこの人っていう感じもあったんですけど(笑)
美穂
(笑)
HEINE
それを断って、「ちなみにどこの新聞ですか?」って聞いたら、「●●新聞です」って言われて、「それ僕取ってますよ」と言ったら、「そうなんですか?じゃあ法人も行きましょう」って言ってきた人がいるわけ。
美穂
(笑)
明日香
どういうこと?(笑)
HEINE
意味がよく分からない。それはあなたが売り上げたいだけであって、別にこっちにメリット無いじゃんって話だよね。

 

明日香
確かに。
HEINE
しかも初めて会った、よく分からないおじさんの話聞く理由があんの?って。まあちょっと久々にイラッとしたので、「あなたがお金払ったらいいですよ」って言ったら、びっくりした顔したんですよ。「びっくりすんなよ」って(笑)
美穂
(笑)
HEINE
「それ同じこと言っているんだよ」って言う感じなの。
明日香
確かに!
HEINE
だから「自分も得したいけれども、あなたに得したいとは思っていません」っていうのが如実に表情に出ていたんだけど。自分にスポットライトを当てている人は、周りのこと考えられないから、それこそ初対面の時からガンガン売り込んでくるし、オファーしてくる人も、「あなた知らないし、誰なの」って話だよね。
明日香
うん
HEINE
善意で何かを売り込んでくる人もいるよね。「絶対にこれ必要だから」みたい感じで「じゃあそれ●●さんが買ってくれて、プレゼントしてくれたら良くないですか?」って言ったら、「なんで?」みたいなキョトンとした顔とかするわけよ。だから、要は自分の売り上げを上げたいんだねって感じじゃないですか。
HEINE
だからこれがね、本当に人間関係とか勉強していったりとか、ストリートに出て色んな人とか見ていたりすると、分かるようになっていくわけですよ。「あ、この人、本当にスポットライト自分にしか当たってない」っていうのが。
明日香
うんうん。
HEINE
前知人の結婚式に行ったんですよ。二次会とかあるじゃないですか。二次会でワーワーしている中で、顔は知っていたけど、ビジネスよく分かんない人が来ていたんですよね。新郎から呼ばれていたんでしょうけど。
HEINE
そしたらその人さ、ここ(胸)にビットコインの謎のマーク付けていて、「暗号通貨のこういうのやっているんですよ」ってそこにいるみんなにライン登録させて、「お得な情報あるんで」とかやっていたわけ。「こいつ祝う気ねえだろ」って。
明日香
あ~
HEINE
そういうのとか、新郎の人は善意で呼んだのかもしれないですけど、「こいつ呼んじゃまずかっただろうな」って思っているし、他のみんなも残念な気持ちになるよね。
明日香
本当ですよ~。
HEINE
だからいい気分なのが下がるじゃん。だからそういうシーンとかやっぱり見て、「この人全く気にしていないんだな」って思うんだよね。
明日香
あ~
HEINE
やっぱりこういう人は一定数いる。だからそこは気をつけた方がいいですよね。今のは完全に露骨じゃん。
明日香
だって、女性が白のドレス着て行くくらい失礼ですよね?
美穂
(笑)
HEINE
あ~
明日香
花嫁を立てないというかさ、自分のことしか考えていない。

スポットライトはどっちに当たっているのかなっていうのを一つ基準にする。

HEINE
そういう人もいらっしゃるので、対比した時に、スポットライトはどっちに当たっているのかなっていうのを一つ基準にする。初対面の人とかは特になんだけど、そしたら分かりますよね。なので、それは覚えておくといいですよ。これから色んな人達に出会うと思うんだけども、一つの目利きになるのでね。
明日香
これね、異性とかで、付き合っている男性とかだったら、ビビってくる時があるんですよ。
美穂
(笑)
HEINE
なにそのビビッとって。電撃結婚?
明日香
違いますよ(笑)自分が忙しいって言っている時にさ、「でもご飯行こうよ、時間空けてよ」みたいな男性たまにいるじゃないですか。
美穂
モラハラ?
明日香
モラハラっていうか、自分のことしか考えていない。彼女が何やっていようが、自分は会いたいんだみたいな。だからそう言うのは冷静に「こいつ自分のことしか考えてないんだ」っては思えるんだけど、他は意識しないと気づけないと言うか。
HEINE
例えば自分とビジネスを一緒にやっているとかだったら、注意することが出来るんだけど、関係ない人だとやっぱり難しいよね。今話聞いていて思い出したんだけど、昔ゲストさん達をお招きして、イベントやる機会があったわけ。で、こっち側がホスト側だから、準備とかして、お客さん達におもてなしをする側なんだけど。
HEINE
あるスタッフの人に「ちょっと飲み物無いから買ってきて」って頼んだの。来場したお客さんは年配の方が多かったわけよ。まあお茶とかお水とか何種類か買ってきたらいいのに、その子、僕がお金渡して買ってきたの全部ファンタグレープだったからね。
明日香
ハッピーかよ(笑)
美穂
癖が強い(笑)
HEINE
「ちょっと待って。なんでファンタグレープ買ってきた?」って言ったら、キョトンとした顔で「え、、美味しいからです」って言ったのね。「お前!!」って感じにならん?(笑)
明日香
年寄りは飲まないよ(笑)
HEINE
おばあちゃん達ビビるよね(笑)
明日香
(笑)
HEINE
「これ炭酸がね、微炭酸!」みたいな(笑)びっくりして、それは流石に叱りました。「お前出すな」と(笑)
明日香
ポップだな~めっちゃ(笑)
HEINE
「しゅわしゅわしてていいわね~」ってならんから。
明日香
確かに(笑)
美穂
一人くらいそうだな~そういう人(笑)
HEINE
あ、本当?まあそれはね、結構遠い昔のスタッフで。そういうケースがあって、「ファンタグレープかい!」っていうのはあった。
明日香
なるほど~(笑)
HEINE
ちょっと流石にこれはやらなくない?
明日香
やらないかも。せめてコーヒーかな?
HEINE
あ、そうそう。「アイスコーヒーかな?」とか「常温のほうがいいかな?」とか「紙コップ必要だな」とか、そういうの巡らせるなら分かるんだけど。「なんでファンタグレープなんだよ」って。
明日香
まあギリギリオロナミンCでしょうね(笑)
美穂
ギリOKの基準が分かんないんだけど(笑)
HEINE
笑取りにいっているやん(笑)
明日香
おじさんとか結構飲みません?おばさんとか。
HEINE
それさ、養命酒ばりにちょっとヤバイと思うよ。イベント来たお客さんにオロナミンC出すってさ。
明日香
(笑)
美穂
それ不動産のイベントとかじゃない?ご来場特典とかで一本ずつ(笑)
HEINE
あ~なるほどね(笑)
明日香
せめてって言う感じですよ、せめてファンタよりはっていう(笑)
HEINE
まあね、あれは結構スポットライトが。
明日香
確かに。自分基準ですもんね。
HEINE
そうそう、「今飲みたかったんだ、お前」っていう感じだったから、それは言いましたよね。これはやっぱりヤバイんですよね。まあ注意しましたけどね。なのでスポットライトがどっちに当たっているかっていうのをちゃんと見極めてみてください。
明日香
はい。それでは今回は『すぐ逃げろ!関わるとやばい人の特徴』について話していきました。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法