気を使いすぎるデリケートさんを救いたい

HEINEです。

HEINE
気を使いすぎてしまう人っていますよね。
周りの目が気になるというか、まぁこれは仕事だけでなく、恋愛などパートナーとの関係でもありますよね。
実は僕も気を使いすぎてしまうタイプなんですが、

テーマ
今回気を使いすぎてしまう人向けに、このデリケートさをどう克服したらいいかをYouTubeで話してみました。

ちなみにYouTubeでは話してないんですが、人って外的評価タイプの人と内的評価タイプの人がいるんですね。

外的評価タイプの人は周りの人が褒めてくれたり認めてくれたりが行動の動機になる人。
周りの人がすすめるから行動する、というのもこのタイプですね。
一方、内的評価タイプの人は周りの人が何を言おうが関係なく、自分の中で「これだ!」と思ったら行動できる人。
思い当たる人いませんか?笑
どちらのタイプも周りを見渡すといますよね。
人間て面白いですよね。

で、ここで話したいのは自分がどちらのタイプだとか外的評価タイプだから周りを気にしすぎちゃうんだ、とかそういうことを言いたいわけではないんです。

この話をしたことで、人間には外的評価タイプだけじゃなくて内的評価タイプもいるんだと認識をしてほしいんです。
この認識がとても大切だと僕は考えています。

自分とは違うタイプがいる、と認識できることで何か行動をする際に一度立ち止まる隙間(考える隙間)ができるからです。
7つの習慣でいうところの、刺激と反応の間の隙間、というやつですね。

すると、今回は自分の人生における大切なパートナーについての話だから、周りの声がどうこうよりも自分の心の声(内的評価)を大切にしよう、と考えて行動にうつすこともできますよね。こんな感じです。

まさに僕はこうした感じでその時々の選択をしています。
なので認識ができるようになること自体に価値があるんです。
使い分けができるようになりますからね。
特に気を使いすぎてしまう人は是非参考にしてみてください。

あなたの人間関係にとって気づきになれば幸いです。


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。