成長が早い人が持つ2つの特徴

HEINEです。

たくさんの人を見てきたので思うのですが、話していると「あ、この子は伸びるな」と思うことがあります。
経験則からわかってしまうんですよね。

今日は伸びる人の特徴を話していきたいと思います。
実際このポイントを押さえている人は本当に伸びますし、あなたが成長を求めているのならこのポイントを押さえることで一気に成長が加速していきますから是非参考にしてみてください。

伸びる人間はイエスマン

僕が考える伸びる人はイエスマンです。
イエスマンとは言葉の通り、NOと言わない人(断らない人)ですね。

こう書くと、イエスマンにはネガティブなイメージがあるため、全く伸びるようには感じないかもしれません。
もしかしたらイエスマンになることで、自分の選択権を失い、最後はアイデンティティが喪失してしまうと想像するかもしれません。

もちろん、ただただ、誰にでもイエスマンになってしまうと迷走し、成長は遠のいてしまいます。
ある条件のもとでイエスマンになることが重要なんです。

条件は先生を決めること

条件は先生を決めること、ただ1つです。
これはものすごくシンプルですが、同時に大きな選択でもあります。
というのは、先生を決めるということは、その他の先生を選択しない、ということでもあります。
つまり、一人の先生だけから学習をする、ということだからです。

先生を一人に決めるということは、迷わなくてすむようになります。
今の時代、情報があまりに溢れているので、選択肢が多すぎて迷ってしまうんですよね。
特に先生を複数持ってしまうと、
「あの人はこういったのに、こっちの人は違うことを言っている」
ということがあり、一歩も踏み出せなくなってしまうんです。
(実際そういう人が多くいます)

だからまず先生を決めること。
そうすることで、自分が取る選択肢も自然と絞られるようになります。

イエスが環境を変える魔法の言葉

そうして先生を決めたら、先生から教わったこと、やりなさいと言われたことは全てイエスでやるんです。
これの良いところは、考える隙を与えないことですね。
考えるということは、なんとかしてやる理由を自分で納得させようとするので脳に負荷がかかります。
負荷がかかるということは、大量のエネルギーを使いますし、しんどいんです。要は疲れます。

そもそも、この先生を師事すると決めた時点でどんなことを言われてもイエスを選択すべきです。
先生がよほど間違っている人でない限りおかしなことは言わないですからね。

(仮に、先生選びを間違ってしまったら、という場合も確かにありえます。
僕もそうした経験がありますが、その経験をすることで本物の先生を見極める目利きの力もつきます。
先生選びを慎重に、と時間をかけているうちに時間をやり過ごしてしまうのは大きな機会損失なんです)

進化の場所は居心地の悪い場所

そうして先生の教えること、やりなさいと言われたことを全てイエスで行動していると、時に「理不尽だ」と思うようなこともあるかもしれません。
実際、僕にもそうした経験はあります。
が、振り返ってみると、理不尽さは成長に必要なものだなと感じています。

そもそも、社会に出ると全く違う価値観を持った人たちの中に入るわけです。
日々摩擦は起きますし、合理性だけで物事が成り立つわけがないですよね。
当然、理不尽なことはどこにでもあったりします。
これはそもそも排除することなどできないんです。

例えば、スポーツの世界においても試合に勝つまでの過程の中で、先輩との摩擦や理不尽な出来事、こうしたことはよくありますよね。
そうした理不尽さを乗り越えた先に、勝利があります。
ジャンプするためには一度しゃがまないと大きくジャンプができないのと一緒ですよね。

ですから理不尽さは排除するという考えではなく、進化の場だと考えると心からイエスと即答ができるようになります。

実際、伸びるなという人は、何かを教えると考える間もなく「やります!」と答えます。
やる手段だとかはまず置いておいて、言われたことをやってみよう、やってから考えてみよう、という姿勢があるんですね。
この行動の速さこそがとても大切です。

やってみてうまくいくかどうかはその後でいいんです。
とりあえずやってみて感じること。これこそがとても大切です。
多くの人はまずやるかどうかの時点で悩んでしまいます。(または判断してしまいます)
悩むことや判断するほど経験もないので先に行動した方が良いです。

ただ、これだけだと、本当にただのイエスマンで学習ができない人になってしまうのでプラスもう1つ大切なことがあります。

それがフィードバックです。

フィードバック=成長加速装置

フィードバックとは実際にやってみたことでの結果、そしてそこで感じたことなどを報告することです。
そして僕はフィードバックは成長加速装置だと考えています。

どういうことかというと、フィードバックをすることは答え合わせと一緒なんですね。
自分がやった行動の結果がどうだったのか、その時に感じたことは正しかったのか、をきちんと報告することで、先生に答え合わせしてもらうんです。
そうして答え合わせの結果、正しいとわかれば、一度経験したことですから自信をもってまたチャレンジしようと思いますし、違っていたら、もう一回やってみようとなるわけです。
ですからフィードバックはイエスマンとセットでなければいけません。

ちなみに、フィードバックの良いところはもう1つあります。
それは先生の評価も上がるということです。
逆の立場になればわかります。

自分がこれをやりなさいといったことをきちんとやって(それも早く)、さらに結果や感じたことをきちんと報告がきたらどんな気持ちになるでしょうか?
当然「しっかりやってるからもっと教えよう」という気持ちになると思います。
つまり、えこひいきをしてもらえるんですよね。

このえこひいきはとても大切です。
なぜってあなたが教えを請いたい先生には、あなた以外にも教えて欲しい人がいるからです。
それらの中であなたが目立たなければ、成長が遅くなってしまいますよね。
時間を無駄にすることはできません。

となれば、えこひいきをしてもらうためにも、先生にフィードバックはしっかりすることはとても重要なことなねす。

まとめ

以上のことから、伸びる人はイエスマンであること、そしてフィードバックをすることを押さえています。

あなたが成長を望むのなら、これら2点を押さえて行動してみてください。


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。