えこひいきはベストな天才教育

HEINEです。

僕がたくさんの人に教えてきて出た教育論における結論があります。
 
それはタイトルにもあるように、えこひいきはベストな天才教育だな、ということです。
 
逆にいうと、平等に教えているような教育ではうまくもいかないし、
天才が生まれることなんてないな、と確信しています。
 
なので・・・
 
実は僕はえこひいきをめっちゃしています。
 
といってもそれは、気に入った奴は教えて、気に入らない奴は教えない、というような
レベルの低い話ではないです。
(そう思わないでくださいね汗)
 
大前提から考えて欲しいのですが、
まず生徒というのは、先生に教えてもらうために何かを提供しなければなりません。
 
人に動いてもらいたければ提供をする、というのは
僕が人間関係を構築するマインドジャックにおいても話していますが、
まず提供から始まるのです
 
とはいえ、相手が望んでいないものを提供しても意味がありません。
 
相手が望むものは何なのか、それを理解してピンポイントで提供をする必要があります。
 
主に提供するものといえば、
価値、時間、労働、お金、など
わかりやすいものからそれ以外にもあります。
(考えてみてください)
 
これらを提供して初めて先生は動いてくれるのです。
 
この大前提を知らずにただ教えてほしい、と言ってくる人がいます。
(ていうか、かなりいます)
 
僕はそういう人を相手にしません。
なぜなら教えても成功しないからです。それなら教えるだけ時間の無駄ですよね。
 
先日、どうしてもと食い下がってきた人がいて、仕方ないなと思いアドバイスをしました。
 
アドバイス通りにやればうまくいくので
これからの彼の様子が気になるところだったのですが、
数日後こんなメッセージがきました。
 
「先日はありがとうございました。
でも僕は自分で考えていることがあるので、そちらでやろうと思います。
また何かあったら相談させてください!」
 
・・・やらかしたなぁーと自分を一瞬攻めました。
僕にもこういうミスがあります。
 
結論からいうとこの人には二度と教えません。理由は時間の無駄だからです。
 
僕が考えるえこひいきについて、これから深掘りしていきますが
なぜえこひいきをした方がいいか。
 
それは『どれだけ求めているか』のバロメーターがわかるからです。
 
先生に教えてもらうために、
時間を提供し、労働を提供し、価値を提供し、お金を提供する。
 
それってそれだけ先生に教えてもらいたい
(もっというと先生に教えてもらうことで、得たい未来、結果がある)ということですよね。
 
そこまで覚悟されたら、当然先生もコミットメントしなければなりません。
 
「しっかり教えるからついてきなよ」とお互い良い関係が生まれるのです。
 
この関係であれば宿題を出しても必ずやりますし、課題を出してもなんとかクリアしてきます。
仮にクリアできずとも何か感じたり気づいてくれるのです。
 
なので僕はこの『どれだけ求めているか』をものすごく重視しています。
 
なので簡単に教えないようにしています。
(たまにさっきのように事故が起きますが…)
 
そして求めているからどんどん先生の教えることを吸収しますよね?
すると先生も面白いからどんどん教えます。
 
このサイクルを繰り返していると、結果天才が誕生するのです。
 
逆を言うと、求めてない人に対して何を教えても無駄です。
 
ただ、難しいのが『求めているか』と『人間性』は別ということですね。
 
人間性はとても良いし波長も合う、
けれど全く求めていない人はいます。
 
そうした人に教えてしまうと、、、時折ドツボにハマります。
 
変に仲が良くなったりするので期待してしまい、
その期待を超えないので(当たり前なんですが)
だんだんイライラしてくる、なんてことはよくあります。
 
なのでこの辺りは僕は結構失敗しています。
 
他にももの凄く慕ってくれるけれど、実は求めていない、というのも要注意。
 
相手があなたを慕っているのは、求めているのではなくファンとして
慕っているだけの可能性もあります。
 
そういう人は近くにいたいが目的なので、あなたの教えるべき生徒ではありません。
 
・・・と生徒は実は先生側から選ばなければならないのです。
 
そしてあなたが誰かの生徒になりたい場合、選ばれる必要があるのです。
 
選ばれるためには、えこひいきをしてもらうためには、相応の提供をしなければいけないのです。
 
一見、ハードルが高いように感じるかもしれませんが、このハードルを越えてさえしまえば、
あなたは生徒として、天才への道を歩くことになるので
そう考えると恐ろしいほどの壁ではないですよね。
(もちろん変な先生を選んでは論外ですが)
 
『えこひいきはベストな天才教育』
 
あなたが生徒である時、あなたが先生である時、
どちらにでも使えるマインドセットなので覚えておいてください。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。