今更聞けないフリマアプリの選び方とデメリット

 

明日香
本日のテーマは『不用品を売るならどこがいいですか?』についてです。少しずつ副業を始めようと思っているのですが、手始めに家にあるいらないものを売ってみようと思っています。ただ、ちょっと調べたところ、中古品を売るサービスとしてヤフオクやジモティー、メルカリなどなど色々ありすぎて、どこで売ればいいのか分かりません。選ぶ基準とかあれば、教えて欲しいです」ということです。
HEINE
なるほど。最近副業とかが増えてきて、不用品、まあ物販とかですよね、「やりたい」、「やっている」っていう人達めちゃくちゃ増えていますけど。まあ物販系でいったら、美穂さんだと思うので。
美穂
はい。
HEINE
僕が今日ちょっとお話ししようと思っているのは、直接ここのプラットホームだっていうよりは、考え方について話しようかなって思っています。
美穂
おお~!
HEINE
何でかっていうと、この動画をリアルタイムで観ている人もいれば、しばらく後で観る人によってもラグがあるじゃないですか。
美穂
うんうん。

 

HEINE
だから今「プラットフォームこれだよ」って言っても、それがその時に使えなかったり、より代替的にするものが見つかった時に、「わー」ってなっちゃっても意味が無いから。そういう時にどうやって最適なものを見つけていくかっていう考え方を話そうと思います。
明日香
はい。

 

HEINE
仮にじゃあ、「売るんだったらどこがいいですか?」に対して、どんなアンサーあるでしょうか?
明日香
ん~
美穂
聞きたい!

 

明日香
この話を聞いたときに、ジモティーは多分ちょっと目的が違わないでしたっけ?
HEINE
あ~。「いらないものあげるよ」みたいな?

 

明日香
そうそう。副業としてはジモティーは違うのかなと思っていて。ヤフオクとメルカリがどっちかっていうのは、自分が例えば、メルカリで色んなのを買ったりしていたら、その延長線上でやると思うので。今だったら、私ラクマと、メルカリがアプリで入っているので、それでやるかな?
HEINE
あ~

 

明日香
「どっちがいいかな?」って色々探すというよりかは、自分の入っているアプリで、「これ利用しているからこれでやろうかなー」くらいの浅はかな感じで多分やっちゃいます、私は。
美穂
うんうん。
HEINE
なるほどね。でも結構色々認識している上で一応考えているっていう感じだね。
明日香
うん。

 

HEINE
確かにジモティーはもともと不用品を売るというよりは譲るんですけど、そこから派生して、場合によってはお金を払っていただいて譲りますよっていうのも増えてはきているから。一応そういうのもあるっちゃあるよね。補足ですけど。
美穂
うん。
HEINE
じゃあ美穂さんは?
美穂
はい。これはですね、たくさんあるんですよ、やっぱり。

 

HEINE
ありますよね~。
美穂
フリマアプリ、オークションアプリ、WEBサイトしかないところもあります。海外からのやつもあります。これは一言で言うと、相性なんですよね。
HEINE
うんうん。

 

美穂
売る人の相性が全部。なので、どこが一番売れるかっていうのは決まってなくて、やりとりのスムーズさが自分が心地いいって感じるとか、お客さんとの関わり方が自分がやりやすいって思うか、それにつきます。
HEINE
うん、なるほど。
美穂
だから色々試してやってみるしかない。
明日香
なるほど。相性?
美穂
相性なんです~。

 

プラットフォームはコロコロ変わるから、ベストアンサーでこれっていうのは、まずないんですよね。

 

HEINE
本当たくさんいろんなものやってきたからね。

 

美穂
そう。私も教えてもらって最初スタートしましたけれども、教えてくれる人は「そのWEBサイトがベストだ」っていうことで教えてくれるんですけど、私には全然合わなかったんですよ。
美穂
でもそこから違うサイトに変えたらすごく合っていて、今上手くいっているので、本当に教えてもらってもそれがベストとは限らない。自分でやってみるしかない。
明日香
なるほど。

 

HEINE
あ~素晴らしい!じゃあ僕の考え方なんですけど、まず大事なのは、本当に、その時その時によって、プラットフォームはコロコロ変わるから、ベストアンサーでこれっていうのは、まずないんですよね。
明日香
はい。
HEINE
あと、さっきの相性もありましたけど、まず大事になるのは、自分でリサーチしてみるといいと思います。今色んな人達が「こういうの使っているよ」とか「ああだよ」っていうのを、ブログやYouTubeとかで発信しているので、そういうのを自分で調べて比較とかしてみるといいと思います。
HEINE
ポイントとなるのは、比較する際に目的を忘れないこと。どこのプラットフォームでやってみようかなってその情報を得ることが目的じゃないですか。
明日香
はい。
HEINE
だけど、発信している人達って、「自分の商品買ってね」とかそういうのに誘導しているケースが大体なので、目的を忘れちゃうと、「じゃあこの人の言っていることが信用出来るからそのままずるずるずる」みたいな感じでいく人とかいるわけですよね。
明日香
はいはい。

 

知った上で何するかっていったら、もうテストしかないです。

 

HEINE
でもこれ、合う合わないもあるわけですよ。だからまず目的を忘れずにリサーチをして、「あ、これはこういうメリットがあって、これはこうなんだ」っていうのを知った上で何するかっていったら、もうテストしかないです。
HEINE
自分で、「これは合うのかな?やってみよう」って。だから最初に①リサーチして、色んなものを比較する。で、それら比較したもので、当たりをつけたものに②一個一個テストしてみる。もうこれしかないですね。だからこれは時代が変わっても、今これが一押しだよって言われても、それは同じやり方です。これは僕もそうだし、美穂さんもそうだよね?
美穂
うんうん、そうですね。
HEINE
それで考えてやっていけばいいので、ご自身でね、それはリサーチしてみてからテストしてみるのが良いかなと思います。
美穂
うん。
HEINE
美穂さんどう思います?

 

美穂
いや、もう本当にその通りで、世の中にはさ、「これが絶対売れます」って宣伝しているところばっかしじゃないですか。でも実際やってみて、みんな上手くいったら、みんな成功しているはずなので、やっぱり自分で調べる力つけるって大事ですよね。
HEINE
 そうそう。
明日香
うん。
HEINE
っていう感じですね。
明日香
はい。ということで今回は、『不用品を売るなだどこがいいですか?』についてお答えしていきました。是非参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法