使わないと損!頭の良い人が使う口癖

明日香
本日のテーマは『頭がいい人に共通する口癖』です。
HEINE
後で二人にも聞くんですけど、これ知っておくと、仕事が早い人・上手い人の見極めが利くようになるので。
明日香
あ~大事。
美穂
ええ~
HEINE
ビジネスだったり、そういう人って要は出来る人だから、自分の成長が早くなるんですよね。
美穂
はあ~
HEINE
そうそう、だからそれはすごい大事だと思っていて。ちなみに何だと思います?
美穂
私そっちの目線じゃなかったです!
HEINE
どっちの目線ですか?
明日香
(笑)
美穂
それって例えば、仕事をする仲間がいたとして、その中の口癖で、「こいつ出来そうだな」って判断するっていう意味でしょ?
HEINE
あ~はいはい、うん。
美穂
私は頭のいい人達に言われる側って思ってた。
HEINE
でも逆に言うと、その口癖分かった後、自分が使えるようになったら、そう見られることはあるよね。
美穂
あ~
HEINE
「この人は分かってるな」って思われたりするから、相手からしたら、「仕事したいな」って思われるだろうし、上司部下みたいな関係で大きな企業だったら、「こいつすごい伸びるな」とかも分かったりすると思う。
美穂
あ~なるほど~
HEINE
浮かばないですか?
美穂
私は頭の良い人からよく言われるのは、考えてみてって言われることが多いかなって思った。「どう思った?」とか、すぐ考えさせられるのそこで(笑)
明日香
(笑)
美穂
う~んって(笑)「この答えはなんだ?」っていっつも考えるんだけど。結構成功している人はその場で「どうしたらいいと思う?」って質問してくる感じがする。
HEINE
あ~それね。でもそれ優しい人だね。
美穂
おお(笑)
HEINE
それを言う人は優しいな。
明日香
へえ~
HEINE
仕事が出来る人とかは忙しいかったりするから、自分の時間が奪われるのって嫌なんだよね。だから考えさせるってことはその人に自分の時間をあげるのと同じだから、優しいと思う。「あ、じゃあいいよ」って言う人も結構いるので。
美穂
そっか!
HEINE
まあだから、すごい優しいなって思うので。じゃあ明日香はどう思います?
明日香
私はこれちょっと思いつかなくて。でも頭のいい人ってあんまり感情的になることがないのかなって思って。
美穂
うん、思う思う!!
明日香
そうすると、「論理的に」とか(笑)
美穂
(笑)
明日香
「物理的に」とか、なんかそういう前置きじゃないけど(笑)
美穂
漫画の世界じゃん、なんか(笑)
HEINE
「物理的にってなんか不思議じゃない?「月のスピードと公転の速度考えると」みたいな?
明日香
くらいしか思いつかなかった(笑)だって何の口癖を使っているかって思っても、なんだろう?て思って。
HEINE
なるほどね。
明日香
そう、だから感情的にならない=論理的しか思いつかなかった(笑)
HEINE
はいはい。考え方で論理的というのは正しいですね。今回口癖だったりするので、ちょっとズレるかもしれないですけど。口癖の答えね、僕が思っているのは3つあって、あとまあもう一個プラス。一個は、①結論から話す。
明日香
あ~言うかも~(笑)
美穂
うんうん、聞く聞く!
ビジネス的な取引や何かする時も「要はこのことだよね?」って結論先に言っちゃうことが多い。

 

HEINE
要は、相手の時間を奪っているって分かっているから、早く言うわけよ。だから嫌なのってさ、だらだら喋られたりして、「これ何言ってんのかな?」みたいな感じで、ミーティングとかも1時間って決まっている尺なのに、「こうで、ああで」って言われた時に、「で、何なの?」っていうのはすごいストレスになるわけよ。
HEINE
だから「結論から言うとこれです」と言われると、「なんで?」の話とかで話が広がりやすいんだよね。だから相手の時間を奪わないようにしようっていうのをちゃんと思っている優しさがある人は「すごいな」って思うよね。
明日香
しかも聞く方からしても興味が出るって言うか。
HEINE
そうそう。
明日香
「え、なんでなんで?」とかって思ったりするかも。
HEINE
だから経営者とかでよく怒られているシーンで、「だからお前何言いたいんだよ!?」って言われているシーンとかみたことない?
美穂
うんうん(笑)
HEINE
それはまとまってないし、時間だけ奪われていることにイライラしているわけですよ。だから結論から言う人ってすごい大事だし、僕も言うようにしている。ビジネス的な取引や何かする時も「要はこのことだよね?」って結論先に言っちゃうことが多い。
明日香
うんうん
HEINE
そうすると、相手として「あ、これじゃあ、自分にも関係のある話なんだな」ってなれば進んでいくし。そう言う風にしていくことが多いかな?だから結論から話すっていうことだよね。
美穂
うん
HEINE
もう一個は②例えの話を出して話が出来る。僕もよく使うと思うんだけど、これ何かっていうと、言葉って難しいのが、みんな同じ言葉を使っているのに、受け取り手と意識しているのも違うんですよ。
美穂
うん
HEINE
例えば、「クリアになるんですよ」って言うと、クリアっていうのは透明になるっていうのを想像する人もいれば、何かを達成すると思う人もいるわけよ。だから受け取り手がちがう認識持ったりすると、正しく伝わんないわけ。
HEINE
だから、相手に伝える時に、相手の分かるサイズにまで。例えばじゃあ松坂牛とか、めちゃくちゃ美味しいけど、その人の口にあったサイズにカットしてあげないと食えないわけ。それを「美味しいから!」って松坂牛を押し込んでも「なになに?」みたいな、食べれないよね?焼き方も分かんないし。
明日香
確かに(笑)
HEINE
だけどカットして、「お前の口に合わせてあげるよ」っていう風に渡されて「あ~ん」って言われたら食べられるじゃん。
美穂
うんうん
HEINE
よく僕が例えばで言うのはさ、明日香の場合、「美容室だったら~」って言って、明日香サイズにカットしているのがあれね。
明日香
あ~そっか!
HEINE
そうすると初めて、「あ、そう言うことか!」って分かったりするよね。
明日香
うんうん。
HEINE
美穂さんに言う時に、「営業とかそう言う時こうじゃないですか?」っていうのは、同じ話をする時に、営業の話だと美穂さんの口のサイズにカットしてお渡し出来る。明日香の場合は、営業の話が分かんないから、美容室の話とかで、そのサイズにカットしてお渡ししてる。
HEINE
これが出来ないと、「要はこうなんだよ」って言われても「??」ってなって、「あ、はい」みたいな。その場の時間的には何となく「うん」って言ってやり過ごしちゃって、伝わってないっていうことありません?
美穂
うん、あります。
HEINE
あるよね。なので例えばって使う人はやっぱり頭いい。伝わんないと意味ないからね。
美穂
うん
明日香
結局何だけって確かに思う~(笑)

 

HEINE
そうなるじゃん。
明日香
なる(笑)

 

HEINE
だからそれと、あともう一個は、③エビデンスの話をする人ですね。
美穂
あ~
HEINE
エビデンスって証拠っていう意味なんだけど。なんか怪しいビジネスとかね、そういうのにひっかかる人達って世の中にいっぱいいるわけですよ。そういう人達って、「あの話を信じた」とかって言うんだけど、僕らにもやっぱりきますよ、色んな人達からね。
HEINE
でもその人の話を鵜呑みにしないですよね。じゃあどうするかっていうと、その背景にある証拠ちゃんとあるの?裏どりしてあるの?っていうことですよ。だから例えばじゃあ、お金儲けの話だったら、「儲かっている証拠、見せてよ」って。
明日香
あ、そういうことか!
HEINE
これが無い中、その人の話だけを一方的に信じてしまうと、これは騙されるよね。
明日香
なるほど。
HEINE
だからビジネスのシーンとかで、「こういうのをやりたいんです」って言ってきたら、「エビデンスどうなんですか?」っていう話を結構する人が多い。「今インスタが流行っているからこうなんです」っていうも鵜呑みにしないで、「何でなんですか?エビデンスはどうなんですか?」って言う人がやっぱり多いかな?
美穂
うん
明日香
なるほど、そっか。
HEINE
これないと、全部信じちゃう人は信じちゃうからね。
美穂
(笑)
明日香
確かに!
HEINE
なのでこれすごい大事。さっき論理的って言っていたけど、同じような感じで、証拠がないとやっちゃだめよっていう。
明日香
そうですね~

 

煽られるとどういうことが起きるかっていうと、人ってそこに意識が向くんですよ。
HEINE
そうそうそう。っていうので三つかな?あともう一個は、これは口癖とはちょっと違うんだけど、④感情を煽るのが上手。
美穂
ほう
HEINE
頭いい人は感情を煽るのが上手。
明日香
あ、煽るか!
HEINE
そうそう。例えば、YouTuberとかでもさ、有名な人達って結構煽るでしょ?
明日香
ん?
HEINE
◯カルさんとかさ。
明日香
あ~!うんうん!
美穂
◯カルさん?
HEINE
髪の毛ツートンの人とか、煽ったりとかするでしょ?
美穂
はいはい!
HEINE
ああいうのは、煽られるとどういうことが起きるかっていうと、人ってそこに意識が向くんですよ。
美穂
うん
HEINE
で、その後に、例えば怒りっていう感情が沸いたら、その人に怒りが向くとか。好意っていうのが沸いてきて、その人が好きになるとか、感情を動かすと、相手を行動させることができるんですよ。
HEINE
「これやってください」とか、「買ってください」も出来るんですよ。だから僕もセミナーとかちょいちょい呼ばれたりするけど、そういうのを入れていたりしていて。例えば昔、美穂さん参加したことあるじゃん。
美穂
はい

 

HEINE
質問とか投げかけたシーンとかあったと思うんだよね。でもだいたいシーンとするんですよ。で、その時に、「え、なに、興味ないんですか?興味ないんだったら俺言わないよ。興味あるような素振りとかしてよ」みたいな感じで煽ったことなかったですか?
美穂
うん
HEINE
煽りましたよね。それでみんなニコニコってして、「はい!」って手をあげたりするんですけど。こうなると人って巻き込まれていくわけよ。
明日香
あ~そっか!
HEINE
そうそう、だから僕のセミナー寝ている人がいないっていうのは、巻き込まれているから。でもただ一方的に言われると、みんなグーってなっちゃうよね。だから適度に煽んないといけないんですよ。これ頭いい人は煽りが上手いよね。煽りすぎるとただオラついている人みたいな感じになるんだけど(笑)
美穂
(笑)
HEINE
そうじゃなくて、相手が喜ぶ感じの煽り方だよね。そもそも煽るの良くないって言う人もいるんだけど、煽ることは悪くないんですよ。知っていました?
美穂
う~ん。「オラ!」っていうことじゃなくて?
HEINE
違う違う(笑)
明日香
「金出せオラ!」って(笑)
HEINE
煽るっていうのは、感情を揺さぶるっていうことね。
美穂
(笑)
HEINE
そうそう、オラつくだけじゃなくて。
美穂
「コラコラ」じゃない?(笑)
明日香
(笑)
HEINE
何で感情を揺さぶるのは悪くないかっていうと、何でじゃあ映画館行くの?っていう話じゃん?
美穂
揺さぶられにいくって?(笑)
HEINE
そう。例えばさ、これ絶対に泣かせにくる映画じゃんっていうのあるじゃん。
美穂
全米が泣くからね。
HEINE
そうそう、「全米が泣いたってお前これ邦画じゃねえかよ」っていうやつありますけど(笑)何で行くのかっていったら、「泣きたいから」悲しい気持ちとか、思いっきり感動したいからっていう風に感情を揺さぶられに行くんでしょ?感情を揺さぶられに二千円払うんだよ?
美穂
うんうん
HEINE
だから、感情を揺さぶること、煽ることっていうのは、悪いことではないんですよ。だから怒り以外にも、嬉しいとか、楽しいとか、そういうのがあるから。だから頭いい人ってこれが上手いです。
明日香
そうですね。
HEINE
一つ参考にしてみたらいいかなって思う。今YouTubeいっぱいあるじゃないですか、特に煽っている系はね、色々観たら、「だからこういう風に人が動いているんだな」とか、「コメントでこういうこと言っているんだな」っていうのが分かるようになりますよね。
明日香
ふーん
HEINE
だから頭いい人とかですよね、それは。
美穂
確かにあるある。煽られているよ、YouTubeで(笑)
明日香
(笑)
HEINE
そうそう、そうなんですよ。
美穂
朝とか遅く起きちゃって罪悪感になっていたりすると、「頭のいい人は早起きしますよね~」みたいなこと言われると、自分に言われていると思ってグサっときて、「明日早起きしよう」みたいなね(笑)
HEINE
そういう自己啓発系の発信している人とかも分かっていてやっているよね。
美穂
うん、上手!確かに。
HEINE
あと、政治家さん達も感情を煽るのやっぱり上手いんですよ。「今、国の財政が本当にやばいんですよ。だから消費税上げるしかないんですよ」ってお涙頂戴で煽ったりとか。
明日香
あ、そっか!!
HEINE
そうすると、みんなが何となく「あ~そういう状況なんだったらみんなが一緒に我慢するしかないよね」って言って、消費税増税を受け入れるとか、そういうのですよね。一回上げちゃうとさ、変わらないじゃないですか。そういうの、どのシーンでも結構ありますよ。
明日香
それでは今回は、『頭がいい人に共通する口癖』について話していきました。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法