発想力を鍛えたい方必見!

明日香
本日のテーマは、『思いつく力の鍛え方』についてです。「新しいアイディアを生み出せる人間になりたいです。発想力や思いつく力はどうすれば鍛えられますか?」ということです。
HEINE
うんうん。簡単ですね、これは。
明日香
うそ!!
HEINE
はい。これはたった一つの答えで。明日香は何もおもいつかないですか?
明日香
私2つ思いつきました!
HEINE
なんでしょう?
明日香
一つ目は、いろんな場所に行く!で、鍛える。

 

HEINE
場所?
明日香
例えば、タイとかに行って、「繁盛するビジネスは何か?」みたいなのを考えて力をつける。でも考えるだけでは、何が正解か分からないじゃないですか。
HEINE
そうね。
明日香
だから思いつくようなアイディアマンの周りをうろちょろする。
美穂
ウロチョロ(笑)
明日香
ハエのように!
HEINE
ハエって目障りだからね。
明日香
(笑)
HEINE
美穂さんどうですか?
美穂
私もそうかな?経験として、普段やっているルーティーンから抜け出してって思ったけど、アイディアを出して、「違うんじゃない?」って周りから鍛えてもらって、ちょっとずつアップデートしていくみたいな感じかな?
明日香
私もそっちに乗りまえました!ハエは却下!(笑)
HEINE
早いね~
美穂
(笑)
アイディアは降ってくるものではないんですよ。
HEINE
これはねまず、「アイディアってどうやって浮かぶんですか?」って話じゃないであすか。天から降ってくるみたいな感じで思っているんですけど、アイディアは降ってくるものではないんですよ。
美穂
うんうん
HEINE
アイディアって何かっていうと、既存の物の組み合わせなんですよ。
明日香
へえ~

 

HEINE
アイディアっていうのはですね、0から全部生み出すっていうのは結構天才的で、みんな天才ばっかりじゃないから、どうするかっていうと、パズルみたいに、既存のものと既存のものをくっつけるっていう感じなんですよね。
HEINE
っていうことは、既存の物をくっつけるためには、どうしたらいいの?っていう話になるんですけど、それは答えは一つで、大量に情報をインプットすること。

 

明日香
ほうほう
HEINE
だから、外に行ったりするのもそうなんですよ。例えば僕の場合はね、色んな業界の人の話を聞いたりします。それを聞いて、「最近こうだ」とか「こういうのが上手くいった」とか、そういうのを聞いてメモしたりすることが多いんですね。
HEINE
本、映画、漫画、YouTubeもそうですよね。こういう風に、色んな業界の話とかをインプットしておく。そうすると、「あれ、ここの業界のこれと、ここの業界のこれって一緒にくっつけたら、こういうことできるじゃん」とか、そういう風になったりするんですよ。
明日香
うん
HEINE
で、大体の人って、美容室の業界にいたら、美容室しかみんな見てないでしょ?
明日香
うんうん
HEINE
前やっていた士業だったら、士業の業界しか見てないよね。みんな外の業界の常識知らないんですよ。
美穂
うん
アイディアは0から作るものではなく、組み合わせだよ
HEINE
だけど、そこの業界同士の当たり前をくっつけたりすると、すごい新しい0から作ったかのようなものが出てきたりするんですよ。
明日香
うんうん
HEINE
だから色んな業界の情報を知っておくっていうのが実はすごい大事。後はそこに経験が掛け算で乗ってくる感じですかね。だからね、アイディアは0から作るものではなく、組み合わせだよって覚えておくといいかなって思いますね。僕がビジネスをプロデュースしてきた時もそうですし、僕が教えている人達にも、そういうことを教えています。
明日香
本当に思いつく人って「降ってきたんだよ」とかいうから、それを鵜呑みにしちゃう。降ってきたんですねって(笑)
HEINE
(笑)
美穂
前に女性が50人くらい集まって、起業したい人たちの夢を語るみたいなワークショップに参加したことがあって、一人一人発表するんですけど、斬新!って思った人は一人もいなかったかも。
HEINE
うんうん

 

美穂
どっかで聞いたことある職業と、自分の経験とかを掛け合わせてる感じ。英語が喋れる不動産屋さんとか。
HEINE
全然違う業界の話とか結構面白いですよ。大体の人って自分の業界以外に興味を持たないんですよ。
明日香
確かに
HEINE
美容室にいたらさ、美容業界の同業者とは、「ああだね、こうだね」は言うのかもしれないけど、外の業界と話をしようとも思わないじゃないですか。

 

明日香
なんかね、「これやっているんだよ」とか言われても、関係無さすぎて入ってこないんですよ。HEINEさんがやってきたマーケティングとか、美容師時代に聞いても、「何それ?」って感じでしたもん(笑)

 

HEINE
多くの人はそうなっているから、それはちょっともったいないんですよね~。
美穂
うん

 

HEINE
色んな業界の情報とか入れておく。そうすると、みんなが当たり前だと思っている業界のもの同士をくっつけたら、「これって新しいサービスいけるんじゃないかな?」とか、そういう一つのきっかけになるから、やって欲しいですね。
明日香
それでは今回は『思いつく力の鍛え方』について話していきました。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法