せっかちさんと上手に付き合っていく心得

明日香
本日のテーマは『せっかちさんと付き合う方法』についてです。補足がありまして「せっかちな人は時間に厳しくて、仕事のスピードが早いですが、他人に対して厳しくなりがちな一面もあります。私は仕事が早いわけではないので、よく叱られますが、そういうせっかちな人とはどうやって付き合っていったらいいですか?」というテーマです。
HEINE
なるほどね。仕事の場面でだと思うんですけど、これ系の話はどこでもあるんですよ。なので、今日はもう少し深い部分を話をしていこうと思います。
美穂
なるほど
HEINE
美穂さんとしては、今回そのせっかちさんって言ってましたけど、仕事上でいろんなタイプいるじゃないですか。
美穂
はいはい
HEINE
美穂さんこういうのどうします?
美穂
どちらかというと、私、せっかちさん側だと思うんですよ。
HEINE
あ~なるほどね。
美穂
「メールとか返して欲しいなあ~」って思うタイプで。特に東京にいるとスピード感が早くて。
HEINE
あ~まあね。
美穂
地方の方とやり取りすると、「全然連絡返ってこないな~」みたいなの結構感じていたんですよ。で、逆に言われたこともあります。「なんでそんなに急ぐの?」みたいな。
HEINE
うんうん
美穂
その時は、地方と東京が差があるんだなってくらいにしか考えてなかった。
HEINE
あ~。でも実際地方と東京で時間の流れが違うのはありますね。
HEINE
これ、そもそもなんだけど、せっかちな人をなんとか丸め込んだり、対応してその場をしのいだとしても、毎回「このシーンはどうしたらいいんだろう」って答えを探し続けるとパニックになっちゃうんだよね。
美穂
はい
教室の中は動物園っていうマイントセットがあって。
HEINE
答えというよりは考え方的な話をすると、大前提、みんな違うっていうことなんですよ。だから、せっかちさんな人も、ゆっくりな人もいるんですけど。
HEINE
教室の中は動物園っていうマイントセットがあって。簡単に言うと、みんな違う動物と考えたらそれに対して腹を立てたりしないよね。例えば、外国人に話伝わらなかったら、ゆっくり日本語喋ったりするじゃん。
美穂
うんうん
HEINE
それは相手が違うって分かってるから。でも同じ日本人だと「日本人同士だから伝わるはずなのになんだよ」って思ったりするわけよね。だから、そのせっかちさんからしたら、それが当たり前だと相手に思ってるよね。
明日香
うん!
美穂
すごい頷く(笑)
明日香
確かにね、強要してくるんですよ!奴ら(笑)
HEINE
なるほどね(笑)
美穂
奴ら(笑)なんかあったの?
明日香
「なんでそっち側が合わせないの?」みたいな。
美穂
はいはい確かにね。
明日香
ノロマ代表からすると、「なんでそっちはこっちに合わせないの?」って思っちゃって。せっかちさんは「なんで合わせないの?」ってくるから嫌いなんですよ、せっかちは!
美穂
(笑)
HEINE
嫌いとはっきり言いました(笑)
明日香
嫌いなんですよ!
美穂
それすごい分かる!動物園で例えるとすると、ノロマさんの方は、「せっかちにしなくていいじゃん」と別に変えようとしないよね。
HEINE
そう。自分の当たり前があるから、「なんで自分のこと押し付けてるの?」ってなっちゃうんだよね。だから大前提違うって思えば別に腹立てないよね。じゃあ一緒にやっていくならどうした方がいいかな?ってなるから。
美穂
そうだね

 

自分はゆっくりさんだから、「むしろ合わせてくれないとおかしい」ってなると、成果は達成できないよね。

 

HEINE
目的が仕事で成果を出すことであるなら、違う者同士ってことを認識した上で、向こうのせっかちさんが上の立場であるんだったら、自分が少し合わせてあげて、向こうが仕事し易いようにした方が成果が出やすいよね。
美穂
うんうん
HEINE
成果を出すことが目的なのに、自分はゆっくりさんだから、「むしろ合わせてくれないとおかしい」ってなると、成果は達成できないよね。目的にもよるけど、お互い違うっていう前提があれば、それに対して怒ったりってならない。そこを分かることが大事だよね。
明日香
うん
HEINE
それが分かってないと、「どう言う切り返したらあの人は黙るんだろう」ってなると、答え探し続けて、「あ、このシーンは今までの答えになかった、う~ん」とかなったりんだよね。
美穂
はいはい!(笑)
HEINE
 あるでしょ?(笑)
美穂
うんうん
HEINE
大前提違うって思っておけば、「あ、この方はチーターさんや」と。
明日香
「あ、早いんだな」と。
HEINE
そうそう、「素早いんだな」っていう風に思っておけば、別に問題はないよねっていう。
明日香
確かに、仕事は絶対にチーターさんの方がいいんですよね、効率いいし。ってなると、ノロマさんはそれに合わせた方が仕事の面では上手くいく?
HEINE
これはね、多角的に見たら全部チーターさんがいいかっていうとそうでもなくて。
明日香
 あ、そうなんだ!
HEINE
例えば、ゆっくりさんは丁寧っていう可能性があるから。
明日香
あ~なるほど!
HEINE
チーターさんはめっちゃ早く作業するけれども、仕事が荒いっていう可能性もあるから。
美穂
 あるある(笑)
HEINE
あるよね
明日香
へえーそうなんだ。
HEINE
結構凡ミスとかあるから。後々、丁寧さんが一緒にやっていることで、「ここ間違ってたね」「ここ漏れていたね」とか。特に数字的なものって間違っちゃまずいから、そういう場合はダブルチェックすると良いとかあるよね。
明日香
うんうん
HEINE
だからプロジェクトやる時は、多様性っていうか、色んな人がいて当たり前だし、いた方がいいですよ。全員同じだとムラがでちゃうよね。
明日香
それでは今回は『せっかちさんと付き合う方法』についてお送りしていきました。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法