就活ルールが変わりました

HEINEです。

正直今更感があるのですが、
新聞で一面になっているので、
ようやく変わり始めたのかな、
というのが僕の印象です。

今までは新卒学生を一気に
刈り取って4月から採用する
というのが流れだったのですが、
それが通年採用になるよ、
ということが経団連と大学側で
決めたというニュースです。
 
内容としては色々あると思いますが、
記事に書かれている内容としては
 
“終身雇用することができないから”
 
と書かれていました。
 
…まぁそりゃそうですよね。
 
今の時代、終身雇用は無謀です。
 
終身雇用を保証する起業は
来年自分たちの会社がなくなる
かもしれないのに社員を定年まで
しっかり雇用しますよと
コミットメントしているわけですから。
 
僕たちの生活レベルでテクノロジーが
入ってきて、追いついていない人達が
大勢いるわけですから、当然、
世の中が求めるものも変わってきます。
 
ずっと同じものをつくり続ければ
利益を出し続けることができる、
ということはないんです。
 
でも、その幻想から離れられない
企業も人もいるから終身雇用
なんて言葉が未だにあるわけですね。
 
もはや、旧石器時代の遺物とでも
言えるくらい古いものだと僕は
考えていますよ。
 
不思議なことに、終身雇用なんてないよね
と就職する側の人も思っているのに、
終身雇用をしてくれる企業を求めたがる、
 
その結果が公務員という答えになるのですが、
やっぱり安心したいんですね。
 
安心して老後まで守ってほしい
 
そう誰もが思っているんだなと思います。
 
ただ、
 
僕の考えではそういう人ほど
これからどんどん死んでいきます。
 
これだけ変化が激しい時代なのに、
維持を選択して守りに入っていることで
学習をしないとなればどうなるか。
 
時代に取り残されてしまいます。
 
時代に取り残されてしまうということは、
企業からも必要とされず、解雇されても
次に転職するポジションはもうない、
ということです。
 
会社に入ることがゴール
 
ということは終わったということですね。
 
そのことをしっかり認識して
日々勉強をしている人こそが
これから生き残っていきますよ。
 
今日はこの辺で。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。