デヴィ夫人の本が結構本質的だったのでシェアします

HEINEです。

先日とあるチャリティイベントに参加しました。
そこで夫人ことデヴィ夫人がいらしたのですが
(というか主催側の名誉顧問をされています)
そこで手にした本があります。
 
『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』
 
完全に女性向けの本なのですが、購入しました。
というのは売り上げが全てチャリティに繋がるからです。
 
こういう機会でなければ手にしない本。
書店で見かけてもおそらくスルーだったでしょう。
 
色々な偶然から手に取ったわけですが読んでみると
かなり興味深い話が多かったです。
 
なにより、デヴィ夫人のキャリアだけでなく、
実際に経験を経ないと語れないなという持論が
想像以上に面白く、男性としても読めました。
 
特に感じたのが、教養について。
 
夫人は女性の婚活に関して教養を持つことの重要性を
説いていますが、それは教養を持つことでより
ハイスペックな男性と巡り会う機会が増えるから
とのことでした。
 
そりゃそうだ、ということなのですが、
逆を言うと、男性も教養をもつことで、
普段巡り会うことのない女性と出会う機会も
あるということを意味しています。
 
なるほどな、と思いました。
 
特に夫人曰く、教養がなく、ビジネスだけで
成り上がった人は成金であるとの話がありますが、
その点でいうと、僕は教養はかなりすっ飛ばして
生きてきましたので(もっというと重要視していませんでした)
グゥの音も出ない状況でした。
  
さて、この教養に関しては細かい定義は
書かれていなかったのですが、書籍の全体像や
夫人のキャリア、その他メディアでの発言等から
考えると
 
『語学、政治経済、マナー』
 
なのかなと思ったりしました。
 
どれも僕には足りていないものです汗
(政治経済は最近少しありますが)
 
やはり語学がなければグローバルにコミュニケーション
をとることができませんし、政治経済が語れなければ
語学が通じてもそれ以上の話に広がることがありません。
 
また、自国にとってのメリットや相手にとってのメリット、
相手の国とってのメリットなど大局を視ることもできません。
 
さらにそうした会合ではやはりマナーありきです。
ですからこのどれもが必要だと感じました。
 
僕の場合、これらをどのように克服するかというと
語学はまず英語としてアメリカ人の友人を作ること。
これは友人のつながりを活用すれば克服できます。
 
次に政治経済。
これは実は今現在プロデュースしている人が
グローバルに政治経済に触れている人なので
彼から教わるという方法を採用。
 
そしてマナー。こればかりはパッと浮かびませんが、
ネットで検索するよりも友人の繋がりから
何かないかと模索してみます。
 
と、意外と簡単に克服できそうです。
 
もちろん、克服しなくても良いのですが、
これらがあるとより自分を成長させてくれる環境や人
に巡り会う機会が増えるので積極的に取り組もうと
結論づけました。
 
「今目の前にない世界を見たい」
 
と常々思っている僕としては夫人の本を通じて、
こうしたことを得るキッカケを得られたことは
とても嬉しいことだと思っています。
 
あなたもより人生の質を上げたいと望むなら、
教養を一緒に身につけましょう。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。