凡人が天才に勝てる唯一の方法

明日香
本日のテーマは『凡人が天才に勝てる方法について』です。
HEINE
はい。凡人ね。
明日香
これあるんですか?
HEINE
そもそも世の中、凡人ばっかりですよ。
明日香
うん。そうですね。
HEINE
天才本当に一握りなので。まず大前提、自分を天才だと思わないほうがいいですよね。
美穂
(笑)
明日香
思っている人いるのかな?(笑)
HEINE
いるよ!「俺、神!」みたいな(笑)
明日香
マジ?(笑)
HEINE
「YOU、俺のことゴットと呼びな」みたいな(笑)
明日香
(笑)
美穂
いるかな?(笑)
HEINE
 います、います(笑)
明日香
会ってみたい!(笑)
HEINE
まあ、凡人であるっていうのが前提なんですけど。これ、一個分かっておくと、他人と比較したり、成長が遅いことで「自分は本当レベルアップ遅いな」とか、卑屈になる必要はなくなります。美穂さん的には、何が勝てる要素になると思います?
美穂
私最近思うんですよ。会社勤めを辞めて、今フリーとしてお仕事しているわけですけど、「なんて凡人なんだ」ってすごく思うの、超凡人って(笑)
明日香
(笑)
HEINE
3文字みたいな?
美穂
そう!(笑)会社勤めの時だったら、もっと上手くやれていたのになとか思うんだけど、いざ何も無くなると、「あれも出来ない、これも失敗」とかって凄い落ち込むの。天才=何でもサクサク出来る人だとしたら、勝てる方法はやっぱり努力しかないじゃないかな~。
明日香
分かる!これしか浮かばない、もう。
HEINE
努力。そうですね。明日香どう?
明日香
同じです(笑)努力か、それこそ量ですね。天才君がその本を3時間かけて読むのであれば、何十時間もかけて何十周もするしかない。
美穂
ほうほう。
明日香
それぐらいしかない、凡人に出来ることは。

 

成功から逃げられない状況に身を置くっていうことですね。
HEINE
そうね。量とか努力って正しいんですよ。ただ「どれくらい努力したほ方が良いのか?」とか「努力続かない」とかの問題が別に出てくるから。実際に勝てる方法っていうのは、簡単にいうと、成功から逃げられない状況に身を置くっていうことですね。
美穂
ほ~
HEINE
別の動画でも言ったと思うんですけど、もう逃げられない状況を作っちゃうんですよ。
美穂
うんうん
HEINE
例えば、明日香はテレビゲームって確かしたことが無いんだよね?
明日香
私無いかも。
美穂
ええ、すごい(笑)
HEINE
美穂さんゲームで、ロールプレイングとかやったことあります?
美穂
うん、ありますよ。
HEINE
ボス戦って逃げられないですよね?
美穂
逃げらんないの!事前にセーブしておかないと(笑)
HEINE
(笑)
明日香
なにそれ!(笑)
HEINE
そうそう、だから普通の敵っていうは、逃られるんですよ。
明日香
へえ~
HEINE
戦わないっていう選択肢があるわけ。
明日香
そうなんだ。
HEINE
敵に遭遇しても逃げるっていう選択肢も一応あるわけよ。
明日香
へえ~!
HEINE
だけどボス戦っていうのは絶対に逃げられないんですよ。
美穂
うんうん
HEINE
っていうことは、今ある自分たちの状態で、なんとかしないといけないんですよね、ボス戦って。
美穂
(笑)
HEINE
だからレベルの高いチームとか主人公達だったら、ボスを直ぐ倒せるんですよ。でも、レベルも低くて、魔法とかそういうのも覚えていない場合は、もう知恵で工夫して、数とアイテム使ったり、石の礫すら投げるみたいな感じで、何でもやるわけよ。
明日香
うん(笑)
HEINE
そういう風にして、なんとか勝つわけですよね。だから、もし逃げれちゃうと、自分が一個一個階段登る時に、新しい壁にぶち当たると、「もう無理だ」とかって逃げちゃうんですよ。だけど、絶対逃げられないボス戦だって思ったら、なんとかするしかないですよね。
明日香
確かに!(笑)
HEINE
だからボス戦のように考えるのは大事で。これね、逃げられないところに身を置くっていうのは、一つポイントがあって、めちゃくちゃ居心地悪いです。
美穂
うんうん
HEINE
多分今すごい居心地悪いでしょ?
美穂
居心地悪いめちゃくちゃ!

 

HEINE
ストレスも溜まるし、なんかイライラするし、居心地悪いんですよ。

美穂
居心地悪い、海見に行きたい(笑)
HEINE
あ、ほんと(笑)
明日香
誰か連れてってあげて~(笑)
HEINE
なんかビーチの上でトロピカルジュース飲みたい?
美穂
飲みたい、花ついているやつ飲みたいよ~(笑)
明日香
(笑)
HEINE
ハイビスカスね(笑)
美穂
飲みたいよ~
HEINE
そうそう、そういう状態よ。だけど、そこにしかボスに勝つ方法はないんですよ。世の中逃げちゃう人は多いし、逃げやすいんですよ。でも逃げられない状況を作っておくと、ボス倒さないといけないじゃないですか。
明日香
うん、立ち向かっていくしかないですもんね!

 

HEINE
そうそう、嫌でもレベルアップしていかないといけなくなるので、そうしていくと天才と言われている人達にもいずれ勝てるようになります。レベルアップするからね。
美穂
うん
HEINE
で、居心地が悪いって話に戻るんですけど、これって例えば、何かの道で凄い極めたとしても、別のことを何かやろうとなると、そこではまた小学一年生みたいになるわけですよ。つまり雑魚ですよね。
明日香
うん。
HEINE
そこで新しいこと学びたいなって、お金を払って時間とかを投資するってなるとさ、周りに色んな人達がいて、年齢が年下だとか、キャリアがどうだとか。今までの自分は一つの道では崇められたのかもしれない、でもここでは雑魚ですよ。散々言われるわけよ。
HEINE
でもそこの居心地の悪さとかを気にせずにね、一個一個ボス戦をクリアしていくと、またそこでも上にいけるんですね。でもこれみんな出来ない
明日香
逃げ出したくなっちゃいますもんね。
美穂
なるなる!
HEINE
プライドもあるし、恥ずかしさとかもあるし、そういうのがどうしても邪魔しちゃうんだよね。だから、みんなそれで逃げちゃうんだけど、そこ逃げちゃダメよっていう話ですね。
明日香
うん
HEINE
だからこれ僕もありますよ。僕なんか特にさ、マーケティングやビジネスのプロデュースとかやってきたから、その道ではっていう感じじゃないですか。でも僕って、料理とか出来ないわけですよね。だから料理教室とか行ったら、雑魚中の雑魚よ。
明日香
(笑)
HEINE
そこのボールをまずこのように洗ってください、HEINEさん」とか言われた時に、「はい!」ってキビキビ動かないと。「なんで俺がこんなこと!」ってなっていたら、僕料理では無理ですよね。
明日香
確かに!この間、ケトルに苦戦しているHEINEさんを見てしまいました(笑)
美穂
なになに(笑)
明日香
ケトル!お湯沸かすやつ。
美穂
あれが出来ない?(笑)
明日香
「これはどうやって沸かすんですか?」ってなっていて(笑)
HEINE
僕そういう知識全くないから。
明日香
お湯入れるだけな気がしたけど、「なるほど。こういうこともあるんだな」って思って(笑)

 

その時に「まあ一年生だしな」って割り切っちゃうわけですよね。

HEINE
昔BBQに誘われて行った時に、もう常連の連中は、「基本何もしないでください」って僕念押しされるんですよ、役に立たないから。
明日香
そんな?(笑)
HEINE
どれだけ役に立たないかというと、あまりにも暇だから、何かしよっかなって思って、うちわでパタパタってやったら灰が舞って、焼いたものとかが灰まみれになっちゃって、みんなが「あ~!!」って(笑)
明日香
(笑)
HEINE
だから本当に雑魚っていう感じなんですよね。
美穂
はいはい!
HEINE
どうぞ。
美穂
みんなが楽しみにしていたものを灰だらけにしてしまったとしたら、すごい落ち込んじゃいませんか? 
HEINE
あ、僕?
美穂
例えだけどね。「何て自分って凡人なんだ。何でこんなことも出来ないんだろう。。」ってなって、辞めて行っちゃう人がほとんどでしょ?
明日香
あ~
HEINE
その時の考え方ってすごい大事で、その時に「まあ一年生だしな」って割り切っちゃうわけですよね。
美穂
うんうん(笑)
HEINE
一年生だしなって。これが三年生、四年生だったら、ちょっとアホなやつって感じになるかもしれないけど、自分が雑魚の状態で出来ないのは仕方がない話で。じゃあそれは、仮に咎められたりしても、しょうがないよねと。
HEINE
その道でスキルアップしたいんだったら、一年生から二年生、二年生から三年生って上がっていくしかないんですよね。だからそれね、割り切っちゃうことですよね。
美穂
うんうん
HEINE
だから美穂さんが今壁に感じている、「なんで出来ないんだろう」っていうのは、「一年生だしな。だったら二年生になればいいだけじゃん」ってなったら、希望が見えるよね。
美穂
見える!
HEINE
「早く二年生になろう、早く三年生になろう、早く高学年になろう」ってなったら、目標決められるじゃん。「いつまでに二年生なろう」とか。
美穂
うんうん
HEINE
っていう風に切り替えた方がいいよね。でもこれがないと、やっぱり怖くて逃げちゃう。
明日香
確かに!
HEINE
逃げちゃうと当然、天才くんとかには勝てないよね。
明日香
うん。天才ってすぐゴールに行けるじゃないですか、すぐ出来るから。でも凡人って一つ一つやっていくしかないんですよね、スピードが早くないから。
HEINE
そう。なので逃げられない状況を作っていくのが大事。逃げやすいと逃げちゃうので。だから会社員でね、副業と同時並行でするのって確かにセオリーとしては正しいんだけど、続かないのはなぜかっていうと、逃げれる状況が常にあるからさ。
美穂
うんうん。
HEINE
「別にやんなくていいかな?」ってなったりするわけだよ。なので一つ参考にしてもらったらいいかなって思います。
明日香
はい。それでは今回は『凡人が天才に勝てる方法について』話していきました。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法