自己紹介

はじめまして。HEINE(ハイネ)です。

仕事柄、さまざまな業界の人とお会いすることがあるのですが、

「HEINEさんて何者なんですか?」

と聞かれることが多々あります。

話すと長くなるので、

HEINE
元考古学者でホームレス経験ありの、教育事業経営者です。

と回答しています。

すると大体、その後食事に誘われたりして、いろいろ聞かれるのですが・・・(笑)

なので、今回はあらためてしっかりと自己紹介をしたいと思います。

HEINEの主な活動

現在、リバタリアというコミュニティを運営している教育家です。

リバタリアとは平たくいうと、人生をもっと自由に生きたい!って人のために、自由になる術を教えているコミュニティです。

なので、

  • お金の自由
  • 感情の自由
  • 人間関係の自由
  • 時間の自由
  • 精神の自由

を手に入れる方法を教えてます。

関わってきた人のジャンルも様々で、

結婚相談所、整体院、ミュージシャン、アイドル、ファイナンシャルプランナー、スクール事業、不動産事業、YouTuber、ゴルフコーチ、EC事業、エステサロン、占い師、広告代理店、PR事業、メイクアップアーティスト、etc..

と、様々な業界の人と関わってきました。

おそらく、これほど多くの業界の人と関わった人間ってかなり珍しいんじゃないかなと思います。

で、そんな彼らから共通して言われたことがあります。

それは、

「資産の大切さが本当に理解できたので、不安がなくなったのと、どんどんやってみようって思えるようになりました。」

っていう言葉です。

これは、一回二回とかではなく、毎月のように言われています。

そしてその結果として、

  • 会社員をしながら輸入ビジネスしていて、いつか起業したいと考えていた男性が3ヶ月で起業し、資金調達1000万を達成し、一期目から売上を伸ばし続けたり、
  • 10年間起業したくて迷子になってた女性が半年間で起業し、起業1ヶ月後に法人契約を取り付け事業拡大をしたり、
  • 月の売上が100万くらいで伸び悩んでいた広告代理店の男性が、1ヶ月で売上が5倍の500万になってその後ずっと売上が伸び続けたり、

なんてことが起きたりしています。

これは資産を作れば、誰でも必ずできることなんですね。

資産を作れば人生が変わる

僕も資産を作ったからこそ、今のライフスタイルが可能になりました。

変に営業をすることも必要ないですし、そういう時間を割く必要も全くないです。

自分の時間を真っ先に確保してから人生をプランニングできる、そんな風な生活になれたんですね。

でも、とはいえ、さっきから普通に出てきているこの資産という単語。

ここをきちんと定義しておかないと、誤解されたまま進んでしまうので、ちゃんと説明させてください。

そもそも、僕がいう資産というのは、不動産とか株とか、そういったものではありません。

よくね、資産っていうと、「不動産のことですか?」とか言われたりするんですけど、違います。

ベストセラーとなった本の金持ち父さん貧乏父さんでは、

『資産とはポケットの中にお金を入れてくれるもの』

って言われてたりするので、そう覚えている人が多いんですよね。

が、僕はそう定義していないんです。

なぜなら、それだとお金”しか”入ってこないからです。

僕の定義している資産とは

『お金・人・物が入ってくるもの』

と定義しています。

だから、こう定義すると、不動産は違うってことになるわけです。

だって、不動産はお金は入ってくるけど人は入ってきませんし、物だって入ってきませんからね。

「え、じゃあお金だけじゃなくて人も物も入ってくるものって何なの?」

ってなると思うんですが、その答えはズバリ!『人間関係』『自分』なんです。

この話は話し出すとそれだけで長くなるので、詳しく知りたい方は以下の電子書籍をご覧ください。

自由への地図

140ページに渡るボリュームで、人も物もお金も自動的に集まってくる”仕組み付き”の起業についてをまとめた渾身の電子書籍です。

この中で、資産である『人間関係』と『自分』について触れています。

HEINEとは?

僕のキャリアを話す機会があると、大体の人が驚かれます。理由は、メチャクチャだからです。

同時に、「本を出してないんですか?」と聞かれることも多いです。今のところ、出版の予定はないです。

HEINE
出版する際は、きちんと告知しますのでよろしくお願いします(笑)

それでは僕の原点からお話しします。

考古学者時代

「考古学者になる!」と学生時代から強い夢を持って生きていました。

小さい頃、喘息で入退院を繰り返していた僕を、両親が気分転換にと連れていってくれた博物館で心を奪われたのがキッカケです。

小中高はずっと歴史にのめり込み、大学では考古学を専攻しました。その後もアルバイトをしながら発掘や研究に関わっていました。ただし、小さい頃から想像していた考古学に対する理想と現実のギャップに悩みながら生活をしていました。

ある時、真剣に将来のことを考えました。

本当に考古学をしながら自由に遺跡を巡り、研究をしながら発掘することはできるのだろうかと。

多くの先輩に話を聞いたり、探してみましたが、その答えを出している先輩は一人もいませんでした。

大体の人は生活のために学芸員の資格を取り、普段は博物館などで勤務しながら、あいだの時間で論文を書いています。論文が陽の目を見れば実際の発掘を行えますが、その確率は天文学的な数字です。

要は、最初から成功までのレールはないんですね

事実を知った僕は、考古学で生きていくことを諦めました。母親や友人にもその道で生きていくと伝えていたので、この時は本当に挫折しました。

ゼロからのスタート(フリーター時代)

幼少期から憧れていた考古学者としての道を捨てるとは考えていなかったため、将来のことに迷いました。

就職活動をしなかったこともありますが、一番は考古学以外のことは本当になにも知らなかったからです。

悩んだあげく、フリーターになる決意をしました。

自分の適性もわからなかったので、とにかくたくさんの仕事をやろうと。

フリーターであれば様々な職種に触れることができるので、本当に自分と合う仕事を見つけられると思ったからです。

飲食、倉庫整理、営業、テレオペ、解体屋、市場調査、引越し屋、イベント設営、ホスト、出会い系サイトの運営、掃除屋、工場勤務、豆腐屋の引き売り、カラオケ屋、バー、パーティ企画、ネットワークビジネス、・・・挙げればキリがないですが、30種以上の仕事をしてきました。

HEINE
サラッと怪しそうな仕事も入ってますが、この時はえり好みせずなんでも仕事をやると決めてました。

いろいろ試した結果、バーで起業しようと考えました。

ただし、資金面に余裕がなかったため、バイトをしながら貯金をしはじめます。当時は26、27才の頃ですね。

自社ビルを持つ社長との出会い(バー経営時代)

ある時、豆腐屋のバイトをしていた頃のお客さんの家の近くに行く機会がありました。(その時は豆腐屋は辞めてました。)

折角近くに寄るからと、手土産を持って伺うと、お客さんはとても喜んでくれました。

久しぶりの会話のあと、お客さんからふと将来のことを聞かれました。

HEINE
バーをやろうと思っています!

というと、

お客さん
あら。それならいい場所があるわよ。

と言われました。

そうして案内してくれたのがお客さんの持つビルのバーでした。

なんと、その方は自社ビルを持つ不動産オーナーだったんですね

お客さん
ちょうど一部屋空いているから使っていいわよ。

さらに幸運なことに部屋を借りていた前の方がバーをしていたこともあり、居抜き状態で始められることに。

早速契約を済ませトントン拍子で友人とバーを開くことになりました。(バーは埼玉県の川口市で営業をしていました。当時の写真がないのですが、昔の携帯電話に一つだけ残っていました。今と違って短髪です。)

営業を開始してみると、今までの経験から斬新な企画を打ちたてたりして、エリアでは知名度をあげることはできました。

ですが、集客を学んでこなかったため、企画頼りのお店となり、売上が安定しない日々を送るようになりました。それでも継続して二年後、さすがに限界となりました。

友人と話し、今まで手をつけてこなかった集客や広告をイチから勉強しようと決めました。

とはいえ、何から勉強をしたらいいのかわかりません。当時、パソコンも持っていなかったため、とりあえず本屋で集客に関する本を探しました。

読んでみたのですが、さっぱりわかりませんでした。唯一理解できたのはIT企業は儲かっているんだということでした

なので、ITの企業を調べては片っ端から連絡をしてみることにしました。

HEINE
給料はいらないので、土日だけお手伝いをさせていただけませんか?

金はない。けれど未来が欲しかった(ホームレス時代)

熱意が伝わったのか、二社から折り返しの連絡がありました。そのうち一社に決め、平日はバー、土日はIT企業のお手伝い(雑用)という生活がはじまりました。

もちろん目的はネットの集客や広告のノウハウを盗むこと

そのため、誰よりも働きました。朝早い時間に満員電車に乗り、終電近くまで働きました。

すると段々と評価されるようになり、ある時「平日も来てくれない?必要なんだ。」と言われました。

正直嬉しかったのですが、悩みました。バーは僕と友人で経営していたからです。

ですが友人と話し、バーは閉めることを決めました。将来性を考えた時、未来が見えなかったからです

HEINE
この時、今後の僕を応援して見送ってくださったお客さんには本当に感謝しています。

それからは365日、IT企業で働きだすのですが、、、依然として無給です

なので当然ですが、、、半年後にキャッシュショートしました家を出るハメになり、ホームレス生活のはじまりです

僕は外国人サイズのキャリーケースを購入し、最低限のものだけを詰めて家を出ました。そして会社の中に最低限のスペースを作り、寝泊まりするようになりました。

ちなみに会社側は、僕のこの行動に対して特にお咎めはありませんでした。(が、給料も出ることはありませんでした笑)

そうして会社にフルコミットして数ヶ月後、あるプロジェクトを任されます。

この案件が三週間で6000万円弱の売上を出すことに成功し、僕は初めての成功体験をしました。

そして起業

成功体験を感じたとき、はじめて感じたのは、「俺、いけるかも。」という気持ちでした。

なのですぐにでも独立することを決めました。成功体験をしたといっても、まだまったくお金がない状態なのにです(笑)

引継ぎをしながら、合間の時間に無料コンサルティングをして、独立後の実績作りをしていました。(その時の一人のお客さんが今の奥さんです。)

起業後は、得意とするマーケティングを武器に、結婚相談所にはじまり、様々な事業をプロデュースさせていただきました。

今までの実績

プロデュース実績

▶︎結婚相談所(集客インフラ設計、バックエンド設計、出版プロデュース)

▶︎アイドル(イベント企画設計、集客支援)

▶︎ミュージシャン(コンセプトメイク、商品設計、集客支援)

▶︎整体師(集客支援、リピーターUP戦略)

▶︎FP(コンセプトメイク、商品設計、集客インフラ設計、動画撮影)

▶︎YouTuber(コンセプトメイク、イベント企画支援)

▶︎EC事業(集客支援インフラ設計、バックエンド設計)

▶︎貿易事業(集客支援、リピーターUP戦略)

▶︎ゴルフコーチ(コンセプトメイク、バックエンド設計)

▶︎アパレル事業(客単価UP戦略、リピーターUP戦略)

▶︎スクール事業(コンセプトメイク、商品設計、集客インフラ設計)

▶︎不動産事業(コンセプトメイク、商品設計、集客インフラ設計、PR戦略)

講演実績

▶︎株式会社いかしあい隊 「営業のプロが知っている!仕事の紹介が止まらなくなる心理戦略」

▶︎株式会社いかしあい隊 「プロマーケターが教える!災害に影響を受けないビジネスモデルの作り方」

▶︎株式会社いかしあい隊 「利益率90%を目指す!リモート時代の新ビジネス」

▶︎メディア研究会 「プロマーケターが教える!稼ぐ手段としてのYouTubeの使い方」

「今目の前にない景色を見せること」を約束します

教育事業をはじめてから、生徒だけでなく、スタッフ陣にも常に伝えていることがあります。

それが「今目の前にない景色を見せること」

この”景色”というのは、経済的に豊かになることで見える景色のことを指しているわけではありません。(もちろんそれもありますが)

一番大事なのは、「自分でもいけるかも」という可能性を感じた時に見え始める景色を指しています。

僕が成功体験をしたとき、本当にビックリするくらい景色が変わりました。日常の景色から、入ってくる情報がまったく違ったものへと変わるのです。

可能性を感じた人A
もしかしてこんなこともできるんじゃないかな?

可能性を感じた人B
これをやったら面白いかもしれない。

そんな風になると、試してみたくなってワクワクするんですよね。

それを感じてもらいたい。

だから教育事業では、コンテンツを配信するだけではなく、コミュニケーションをとるスタンスをとっています。

当ブログでも発信する内容を正しく行動にうつすことで、必ず違う景色が見えるよう発信をしています。

僕の夢は「いい人が勝てる世界をつくること」

僕が見た現実を暴露します

起業してから7年、裏方として様々な業界の商品・サービスをプロデュースしてきました。

経営者として若輩者ながら見たきた現実は、いい人が負けている事実でした。

とても良い商品なのに、集客できずに倒産…
いろんなコンサルを受け結果が出ずに倒産…

何度もこの目で見てきましたよ。

勉強不足!といえば事実、その通りな部分もあります。勉強をしていれば、こうした結果にならなかったかもしれません。

ですが、勉強をしていても搾取されている人は山ほどいます。

結果、現代は出し抜くことが上手な人が勝てる世の中になってしまっています。ライバルを出し抜いたり、蹴落とすことが、当たり前になっています。

あるライバルに出し抜かれた人は、自らも出し抜く側へと変化しました。自分も非常にならなければならないと、今度は自分より弱い人へと出し抜くようにとなりました。

こうして弱い者からお金をかすめとるいじめが横行しています。学校の中でもあるような情景が、ビジネスの世界でもあるんですね。これはどの業界もおきている現実です。

諦めた大人A
勝つためには手段を選んでいられない。

諦めた大人B
それが競争社会というものさ。

経験豊富な大人たちはそういうかもしれません。

でも、それは競争のループから出られなくなっている人の諦めです。僕はそれがすごく気持ち悪い。

「諦めた大人の戯言ほど残念なものはない」

それが僕の本音です。

競争と無縁の世界をつくる

競争と無縁の世界をつくるにはどうしたらいいのか。いい人だけが勝てるにはどうしたらいいのか。

その答えは簡単です。

競争が生まれないビジネスをつくればいいのです。

諦めた大人A
そんな簡単に言ったって、それができないから困ってるんじゃないか!

そう思うかもしれませんが、事実できます。

正しい手順をふめば、競争の生まれないビジネスアイデアは生まれます。現にいま、教育事業で教えています。

あなたが今、いじめを受けていて苦しんでいるのなら、ぜひ僕に協力させてください。

» 人生を思い通りにしたい人向けの話

HEINEのちょっとした情報

HEINE(ハイネ)

得意なこと:物事を俯瞰してみること、人の才能を引き出すこと

ミッション:本質の教育を通して今目の前にない景色を見せる

ビジョン:完全調和の人間関係の世界

興味・関心があること:宇宙観測、考古学、映画鑑賞、音楽鑑賞、アニメ、漫画、声優、自己鍛錬
(最近特にYouTubeにハマっていて好きなのが、宇宙ヤバイchさんとありじゃむchさんです。)

尊敬する人:YOSHIKIさん(X JAPAN)、京さん(DIR EN GREY)、梅原大吾さん、木村秋則さん、平尾誠二さん、石渡大輔さん、高野秀行さん、鷲津政彦さん

影響を受けた本:アルケミスト、7つの習慣、サピエンス全史、ファクトフルネス、プライベートバンカー、ハゲタカ、奇跡のリンゴ、勝ち続ける意志力、革命のファンファーレ、ハンターハンター、新宿スワン、クロサギ