人類が繁栄している理由

HEINEです。

人間ってすごいですよね。
言語が話せるとか思考ができるとかそういう話は置いておいても、動物の中でも安定した生活を築いて繁栄しているのは人間だけだからです。
そしてこの繁栄の背景を知ると当たり前だと思っていることがそうではないことに気づくと思うはずです。

今日は人類の繁栄についてを話したいと思います。

そもそも、人間が生きていく以上最低限必要になるものはなんでしょうか?
パッと浮かぶのは食事。
まず食事ができないと飢えて死んでしまいますよね。

それに家がなくても困ってしまいます。
寒い冬を越すことも、夜の寒さをしのぐこともできないからです。

と、こうして考えていくと結構沢山でてくるんですが、実はこれらみんな誰かがやってくれているということに気がつきましたか?

例えば、食事。
食事は僕たちが口に含むことができるよう加工してある必要があります。
なので、スーパーでお弁当が買えますが、お弁当を作っている人、そしてその後ろにはお弁当の具材を運んでくる運送業者、食材を飼育したり、育てている人、といっぱい人が関わっていることがわかります。

次に家。
家だって、建ててくれた建築会社があって、それ以外にも沢山の人が関わっています。

僕らが毎日入っているお風呂もそうですよね。
水道屋さんや電気屋さん、それ以外にも沢山の人が関わっています。

毎日使っている携帯電話だってそうです。
どういった人が関わっているかはもはや想像もつかないレベルです。

つまり、一人の人間が満足な生活を送るには、数えきれないほどの人の力を借りて生きているんだということです。
僕たちは会ったこともない沢山の人たちに支えられて生きているんだということを感じると、毎日感謝ですよね。
本当にありがたいことです。

で、もしこれらを一人の力でやれと言われたらどうなるかと考えてみましょう。
・・・冷静に考えて今の水準の生活は絶対に無理ですよね。
なぜって安全な家に住むために、じゃあ今から建築学勉強するの?となったらそれだけでかなりの時間がかかるからです。

この生活ができるのは細かく分割して沢山の人の力を借りているからです。

そして、このことから言えることは個人単位においても繁栄をするということは、沢山の人の力を借りるということでもあります。

『人生は借り物競走』というマインドセットがあります。
人生は全てのスキルを身につけるのには到底時間が足りないから、物も人もお金も借りなさいというマインドセットです。

僕はこのマインドセットを普段から大切にしているんですが、実は人類が繁栄している背景には、借り物競走があるからなんですよね。
人間という種単位でやってるってことです。
だからこれだけ文明が早いスピードで発達しているんですよね。

僕がいう『人生は借り物競走』は個人単位なので、借りる上で信用がなければ貸してくれないから普段から信用を積み重ねようねと言っていますが、人類単位では、これらって全てお金が動いていますよね。
さっきのスーパーのお弁当一つとっても、お弁当を買うまでにたくさんのお金が動いてやってきますよね。
要は経済になっているんですよね。
そうやって考えてみると、経済が身近に感じられて面白いですよね。

話を戻すと、人類の繁栄も、個人の繁栄も、人の力を借りるということが秘訣ということです。

なので、あなたも自分の人生をより豊かに、繁栄させたいと望むなら、借り物競走をした方がいいですよ。
もちろん感謝を忘れずにね。


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法