人生が豊かになる読書のコツ(速読ではありません)

HEINEです。

HEINE
人生を豊かにする上でとても大切な要素の一つとして読書があります。
あなたは読書してますか?

読書とは義務からするものではなく、自発的にするものなので、なかなか得意じゃない人もいますよね。
実は僕自身は読書は大の苦手で学生時代は読書感想文の時くらいしか読むことがなく、また読み方もわからずにとても苦労しました。

まずは座った状態を維持することからスタートしたので、まるで子どものしつけのようなところからのスタートですが、色々遠回りはした結果、今では読書の価値がよくわかるようになりました。

とはいえ、読書とはただ読めばいいわけではなく、その本から学習し、知識を得て実生活に活かせなければ意味がありません。

テーマ
今日は読書をする上でこのポイントを押さえたらきちんと身に付いて実生活で活かせるよという点を話していきます。

この読み方をきちんと身につければ、例えばこの話はどの本に書いてあったっけ?とか引用元が不明になったりすることもありませんし、とても効率がよくなるので(また記憶に定着もしやすいです)、あなたの人生を豊かにする上で便利な読書法になります。

でははりきっていきましょう!

結論から言うと、本を読む上で大切なのは5つのポイントです。
この5つを押さえることができればベストです。

ポイント
1.結論
2.定義
3.マインドセット
4.具体的にどうしたらいいか
5.使える事例・例え話

一つずつ掘り下げていきますね。

結論

結論とは要は一言で何が言いたいのか、の部分です。
本を読んでも、その本が伝えたい結論が何も伝わってなければ意味がありませんよね。
本は言葉をまとめている以上、伝えたいメッセージがあります。
その結論が必ずかかれているので(中にはもやっとした書き方をしているものもありますが)、この点をまず押さえることが大切です。
自分が本の中で気に入った部分と、本自体が伝えたかったメッセージは違うことがよくあるのでここを忘れないようにしましょう。

ちなみにこの結論は最初か最後に書いてあることが多いです。
あちこちにバラバラになって書かれていることはないので、迷ったらそのどちらかを見るだけでも本の結論や全体像が見えやすくなります。

定義

定義とはこの本を理解する上で必要な用語のことです。
本を読む上で何が面倒臭いかと言うとよくわからない単語を当たり前に使われる点ですよね。
多くは自分の語彙力のなさから来ていることが多いですが、中には専門家じゃないとこんなのわからないよというような単語をバンバン並べているような本もあったりします。

なので、まずは本の中で当たり前に出てくる用語や単語の意味をきちんと押さえていかないと、ページを進めれば進めるほどわけがわからなくなってしまうのです。
そうして最後は読むのを止めてしまう、ということになりかねないので手に取った本の中でわからない単語やよく使われる単語などはノートにとって別で定義づけをしておくと良いでしょう。
これをするだけで一気に読みやすくなります。

マインドセット

次にマインドセットです。
本は著者の考えが反映されているものなので、必ず主張があります。
その主張に対して大切にしている考え方ががあります。
それがマインドセットです。

マインドセットはその人が持つ考え方、現実を表すので、このマインドセットを理解することは本の主張を理解する上でとても大切です。
マインドセットを理解すると、著者がどんな視点で見ているか、言い換えるとどんな色眼鏡で主張しているかが見えてきます。
そして、そのマインドセットを持つことは、自分自身の視野を広げて同じ物事でも違う角度で見ることができるのでとても便利です。

例えば、仕事は好きなことをやった方がいいという人もいれば好きじゃなくて得意なことをやった方がいいという人もいます。
これらはどちらが正しいとかではなく、それぞれの視点で物事をみるとメリットデメリットが見えてきます。
が、自分が一つの視点(マインドセット)しか持っていない状態だと、他の視点の話を受け入れることも、また、その視点から物事を考えることができなくなってしまうのです。
なので、いろんなマインドセットに触れることが重要ですし、本を読む上では著者が持つマインドセットを理解してその視点で読み進めることはとても大切です。

具体的にどうしたらいいか

これは本の中で述べている結論に対して、どうしたらこの結論にたどり着けるかという具体的な方法を探してみることです。
結論だけ見つけても、自分ではこの結論にたどり着く方法がわからないよ、という場合は意味がないですよね。
ハシゴがかかっていない道のようなものです。

とはいえ、本の中には、この具体的にどうしたらいいかについてを述べていないものもあります。
結論から一つずつ抽出してみると、具体的な方法がないじゃん!というものが意外と多いので驚くかもしれませんね。
その場合は、どういうメッセージかというと、方法論は語らないから自分で見つけなさいという意味で捉えています。

つまり、結論も定義もマインドセットもあるのに具体的な方法が書いてないんですね。
そういう場合は、マインドセットはコンパス代わりとして、結論(ゴール)はわかっているわけですから、自分なりに行動してみるんですね。
そうすると、結論に導けたりします。
実際僕はそうして、具体的な方法論がない本は結論までの道のりを自分で発見したりしています。
そうすると、元々は結論を自分で見つけたわけではないんですが、道中自分の足で行動して気づいた先に結果があるので、新しい発見をすることもあるから楽しいです。

使える事例・例え話

そして最後の5つ目に使える事例、例え話です。
正直これは結論と直接繋がるわけではないんですが、僕がこの部分をきちんとメモして記憶するようにしているのは、誰かにアウトプットする時の事例や例え話として使うためです。
例えばプレゼンテーションやセミナー、または僕は教育事業もしているので生徒の面談などにも使ったりします。

事例や例え話はレパートリーがあるだけあった方がいいです。
というのは、自分が想像できる例え話や集められる事例はせいぜい限られているからです。
さらに、自分というバイアスがかかっているため、自分と同じ価値観を持っている人でなければなかなか伝わらないということもあります。
なので、いろんな人に伝わるようにとあらゆる事例や例え話をストックしておくのです。

と、以上を気をつけて僕は読書をしているので、実は本を読みながら同時にノートを広げています。
そして定義だったりマインドセットだったりはすぐさまメモしたりしながら読書をしています。
なので世の中でいう速読とは全く異なる方法ですね。

ですが、この方が結果的に同じ本を何度も読むこともなく、しっかりと昇華できるのです。
最初は慣れないかもしれませんが、こうして読むと、著者の意図(つまり結論)がよくわかるようになりますよ。

是非試してみてください。


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。