喧嘩した後の仲直りの方法【人間関係】

HEINEです。

喧嘩した後って気まづくなりませんか?
よく考えれば喧嘩するほどでもなかったことも瞬間的に感情的になってしまってという話はよく聞きます。

今回は喧嘩した後の仲直りの方法を解説します。
どうやって仲直りをすればいいのか悩んでいた人は参考にしてください。

喧嘩した後の仲直りの方法

喧嘩した後の仲直りの方法は、シンプルに謝ることです。

それができないから困ってるんだよ!と思うかもしれません。
なので、かなり詳しく掘り下げて話します。

まず、認識してほしい事実があります。

喧嘩した後は、喧嘩をした側もされた側も感情的になった以上、反省しています
(たまに、まったく気にしない人もいますが、それは今回は除外します)

なので、どこかで話すキッカケを探しているのですが、なかなかできないのが現状なのです
冷静に話す機会を作ることができれば、お互い「ごめんね」の一言で済むものなのです。

では、どうしたら謝ることができるかというと、喧嘩に対する考え方を変える必要があります。

喧嘩は悪くない。本当に悪いのは喧嘩がないこと

喧嘩は悪いものだと考えられていますが、まったく悪いものではありません。
むしろ、喧嘩は良いものです。

理由は、相手を知るキッカケになるからです。

僕たちは、皆生まれた背景も価値観も違います。
キリスト教の人と仏教の人が違う価値観を持つのと同じように大なり小なり違いがあります。
そしてこの違いから摩擦(喧嘩)が起きるのです。

喧嘩は、自分と相手は違うことを知るキッカケなのです。
そして、謝るという行為は違いを確認する作業なのです。

この二つを理解すると、喧嘩が起きることに対して考え方が変わるはずです。

では具体的に、謝る機会はどうつくったらいいかを話します。

謝る機会は真心をこめて

ギスギスした空気では話すこともできません。
お互いの違いを認識しても確認する作業はできないのです。

なので、機会を作る時は、真心を込めて企画しましょう
たとえば、飲食店でスイーツを食べながら、とかですね。

美味しいものを食べながら、話をしたら自然と強張った表情が緩みます。
僕の場合は、自分が喧嘩をしてしまったら、御馳走します。
「今回はごめんね。」と言いながらおごります。

そしたら、許してくれたりしますし、なぜそこで怒ったかを冷静に歩み寄りながら話せます。

違いを確認する作業は、「この人はこういうことを言われたら怒るんだな」とわかる作業です。
喧嘩を繰り返していくことは、この作業の繰り返しになるので、どんどん仲良くなるのです

まとめ

喧嘩は悪いことではありません。
喧嘩の後が重要なので、これを期に喧嘩に対する意識を変えてみてください。


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法