リモートワークで何が変わるか?未来について

HEINEです。

HEINE
リモートワークが当たり前になってきましたね。
コロナの影響で「うちの業界は」と抵抗していたところもそんなことを言っていられなくなりました。
僕はすごく良いことだと思っています。

そもそも、現場で働いている人も「これ、必要かな…」と思いながらも同調圧力で言えないことがあったわけです。
それがこうした機会に全面的に業務フローを見直すのはとても健全なことだと考えています。
(勿論、アナログのコミュニケーションも必要です。人と人との信頼関係はリアルあってこそですし、ここは効率化は測れないからです。)

さて、このリモートワークですが、僕は今後人材の目利きにもなると考えているんですよ。

テーマ
今日はその話をしていきます。

結論からお話するとリモートワークは自発性を判断する一つの基準となるからです。

リモートワークってどこでも仕事できますよね。
なので見えないところでの仕事に対する姿勢が問われるんですよ。

見えないところでも仕事をきちんとする人はしますし、そうでない人はしません。
家とかって特に誘惑が多いので(お菓子とかテレビとかゲームとか・・・)、会社と違って自分をコントロールしなければならない環境なんですね。

そんな中できちんと仕事をして、それ以上の提案や新しいことを学習したりと自発的に動ける人、これは確実に伸びます。
そして会社側からも伸びると評価されます。
逆に与えられたことしかできない人は、ただでさえコロナの影響でコストカットの理由を探している企業としては解雇対象となります。

要はぶら下がりはいらないよということです。

今まではぶら下がりと言えど、コンプライアンスの面から簡単に辞めさせることができなかったのですが、災害という理由ができたことで晴れて重たい荷物を下ろすことができるようになったということですね。

なので会社はこれでかなりスリムになるでしょう。
まず会社を再起させるためには余分なものを捨てる、コストカットから始めるわけですからね。

一方、下ろされた側の人はこの先、大きな代償を払う未来になるでしょうね。
というのは、同様にぶら下がってきた人達が失業するので、まず再雇用の機会がかなり減るということです。
さらに雇用する側の会社としても、自分たちのことで手一杯ですから、即戦力にならないぶら下がりは不要です。
割く必要のないお金になります。

なので、再雇用先がしばらく見つかることはないでしょうね。
コロナが終息し、ある程度経済が落ち着いてからになってからでしょうか。
企業側が体力をつけて、ある程度予算を組めるようになってからかな。
その間は無収入になりますが、日々自発的に行動しなかったツケですね。

さらに追い討ちをかけて、コロナが収束してきた頃には、僕は政府は増税などの政策もしてくるかなとも予想しています。
今回の件で、国はたくさんのお金を吐き出したので、その回収をする策を当然してくるからです。
具体的な方法はわかりませんが、増税する流れは十分ありえるかなと考えています。
なので、何もしてこなかった人は、そこまでなんとか生き延びても、さらに社会的に行きにくい時代になっていくでしょう。

これはね、僕は悲観的な未来を伝えたくて話しているわけではありません。
要は、こうなる可能性もあるから、受け身にならずに自分から自発的に行動しましょうね、ということです。
そこが伝えたいんです。

日々、自発的に行動していたら、今回のコロナでやむなく解雇されたとしても、人間関係の繋がりがあれば再雇用先が見つかるかもしれませんし、優秀な人材であれば、必要としてくれる企業は必ずあります。
僕としても、会社経営をしていますからこの一部の優秀な人がやむない理由で解雇された時を狙っています。
良いなと思ったら僕の会社に来て欲しいとすら思っています。
同様のことを考えている会社経営者もいるでしょうね。

これから求められる人材は自発性がキーワードです。
人材もまた新しい時代を迎えると思うと僕はとても楽しみです。

あなたの気づきになれば幸いです。


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法