人がお金を払う心理(売上があがります)【保存版】

HEINEです。

ビジネスをする上で切っても切り離せないものがお金です。
お金を払ってくれる人がいなければビジネスは成立しないからです。

ではなぜ人はお金を払ってくれるのか。
ほとんどの人はこの事実を知りません

今回は人がお金を払う心理についてを解説します。

実践したら確実に売上をあげることができるのでしっかり学習しましょう。

人がお金を払う心理

人がお金を払う心理を理解するには、まず「お金」について理解しなければなりません。
お金を理解しなければ、なぜ払おうとするのか理解できないからです。

僕たちはお金について正しく教わる機会がありません。
生まれた瞬間から身近にあるにもかかわらず、です。

なので、まずお金についてを理解しましょう。

お金の正体とは

結論から言うと、お金とは信用です。(お金=信用

信用を目で見える形にしたものがお金なのです。
なので、信用を積み重ねたら、それがお金と交換できます

クレジットカードはまさにその通りのもので、クレジットが”信用”という意味ですよね。
社会的に信用があれば、そのスコアに応じて使える上限額が定められています。

なので、家賃滞納や携帯電話の料金を滞納すると、信用スコアが下がってクレジットカードの上限額が下がったりします。

ではこの信用というのはどうやって積み重ねるのか。
そして積み上げた信用をどうやってお金に換金するのか。

この二点についてを深く掘り下げて解説します。

人が信用するメカニズム

信用を得る上で大切な大前提があります。

それは人は誰もが目に見えない信用のコップを持っているということです。


(信用のコップのイメージ図)

信用のコップにはルールがあります。

  1. 人は誰もが目に見えない信用のコップを持っている
  2. 信用のコップは人によって大きさが違う
  3. 信用のコップは信用を得るとメモリがたまり、信用を失うとメモリが減る
  4. 信用のコップが満タンになって溢れると、人は信じる
  5. 信用した場合、相手のオファーを喜んで受け入れるようになる

これらルールは僕たち人間は誰も無意識に持っていて、行動をしています。
(ちなみになぜコップなのかというと、イメージがわかりやすいから使っています。)

このルールにあるように、信用のコップが大きい人もいれば小さい人もいます。
コップが大きい人は信用を貯めるのに時間がかかります
なかなか信用してくれないということですね。

一方で、コップが小さい人は信用のメモリがすぐ貯まるので、すぐ信用があふれ出します
言い換えると、騙されやすいとも言えます。

信用のコップを意識して話していると相手の信用のコップの大きさが経験則でわかるようになります。
まず人は信用のコップを持っているんだということを理解してください。

そしてこのルールの中で一番大切なのが5です。

あなたが「これを買ってください。」と言うと喜んで買ってくれるようになります。

むしろ、すすんでお金を払おうとすらしてくれるようになります
(僕は現金を直接封筒で渡されたことがあります。)

口コミが起きるのも、同様の心理です

信用が溢れて信じているのでオファーがなくても相手のために動きたいと思うようになるのです。

信用を得る方法

 

では信用を増やしていくにはどうしたらいいのかについてを解説します。

  1. 見た目を良くする(服装、髪型など)
  2. 身につけるものを変える(時計、カバン、靴など)
  3. 笑顔
  4. 挨拶をする
  5. 約束を守る
  6. 飲み会に参加する

わかりやすいものをいくつか取り上げました。

上記を使い、信用をコツコツと積み上げて信用があふれるようにしましょう。

セールスが下手な人の特徴とは

一方で、セールスの下手な人は信用のコップがからっぽの状態でオファーをします
信用がない状態で「お金をください」と要求をしてくるのです

当然、言われた側の気持ちとしては、

「なんであんたにお金を払わなきゃいけないの?」

と感じますよね。

説明されると理解できるのですが、自分が売る側になるとこれをやってしまう人が意外と多いのです。

人がお金を払う順番を整理します

人がお金を払う順番はこのようになります。


ステップ1 信用のコップをあふれさせる(信用してもらう)

ステップ2 お金と換金する(オファーをする)

この順番を間違えなければ、相手はお金を喜んで払ってくれます。

まとめ

人がお金を払う心理が理解できたら早速行動しましょう。
行動をしなければ信用が増えることはありません。

まずは相手に信用してもらうことだけにフォーカスしてみてください。
かならず結果につながります。

» 一撃で信用してもらうためにやるべきこと


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法