ウブロを日本に広めた高倉豊さんにインタビューさせていただきました

HEINEです。

ウブロを流行らせたビジネスコンサルタントの高倉豊さんにインタビューをさせていただきました。

ビジネスコンサルタント 高倉豊

1948年兵庫県生まれ。自由学園男子最高学部を卒業後、1970年に博報堂に入社。 入社5年目から、中東&欧州に計11年間に滞在。39歳で博報堂を退社。

翌年40歳の時、未経験業界の外資系高級化粧品メーカー、パルファム・ジバンシイの日本法人トップに抜擢される。以降、イヴ・サンローラン・パルファンやシスレーの日本法人、外資系高級時計メーカーのタグホイヤーやウブロの日本法人、計5社の外資トップを20年間務める。その間、次々と自社の業績を回復させ、「ブランド再生人」として業界で有名になる。

輸入フレグランスの販売高で1994年に1位となった「プチサンボン」を送り出し、ライトフレグランス市場をつくる。最後に就任したウブロでは、5年間で売上を3倍にし、憧れの時計ブランドへと成長させる。 2011年6月末、ウブロ社長を辞任。

現在は、ブランド再生アドバイザーとして活躍するかたわら、執筆・講演活動を行っている。

» 高倉豊さんのサイトはこちら

動画の中で大真面目な話はしているので、ここでは高倉さんとインタビューにいたるまでの背景を話したいと思います。

早く動画を見たいという方はこちらからどうぞ。

» 高倉豊さんのインタビュー動画はこちら

高倉さんとの出会い

僕が高倉さんと出会ったのはある経営者の会でした。

たまたまある席に高倉さんがいたんですね。
僕はそれまでに高倉さんの著書を読んでいたので、すぐさま声をかけたのです。

高倉さんは快く対応してくださり、そこから直接連絡させていただくようになりました。
セミナーやイベントがある時はすべていきました。
本ではなく、生の高倉さんから吸収したかったんですね。

そこから仲良くさせていただくようになりました。

高倉さんに直球質問をしてみた

ある時、ランチをしながら高倉さんに質問したことがあります。

「僕は高倉さんの年齢にまだなっていないのでイメージがわかないのですが、高倉さんはいくら稼いだ時に「ああ、もう老後は安心だな。」と思いましたか?」

直球です。

ただ、僕も会社経営をしながら将来設計を考えた時に気になったんですよね。
親身に相談にも乗っていただいているので質問させていただきました。

すると、高倉さんから返ってきた答えは意外でした。

「金額は人によって変わってきますよ。求める生活などみんな違いますからね。だから参考にはならないと思うけど、僕はウブロを辞めた時に安心したかと言われたら全くしなかったです。」

ここで補足なのですが、高倉さんにはお子さんだけでなく、お孫さんもいらっしゃいます。
なので、大前提かかるコストも変わってくるのですが、高倉さん曰く、孫へのお小遣い(何かしてあげたいこと)も含めて老後の資金と考えていらっしゃるようでした。

そう考えると、僕も結婚をしているので、子どもや孫も考えると今想定している金額とは違った計算になるんだなと改めて考え直したのを覚えています。

人が変われない理由

高倉さんといえばブリコラージュという言葉が一番ピンとくると思いますが、やはり既存のマーケティングとは違ったアプローチに顧問の依頼もたくさんくるようです。
(※ブリコラージュ・・・直訳は“やっつけ仕事”。分かりやすく言うと、手持ちの材料で目的を達成するということ。)

高倉さんはクライアントである社長の情熱を受け止め、顧問に入ることがあるようですが、なかなか難しいと言っていました。

「ウブロなどの経験から僕を憧れて顧問を依頼してくれる人はいます。それ自体は嬉しいことなのですが、僕がアイデアを出すとみんな嫌がるんです。いろんな言い方はありますけど、要はね、怖いんですよ。新しいことをやるってことはリスクもあるわけですからね。」

この言葉は特に強く印象に残りました。

大きなリターンを得るには、リスクを取らなければならない。
大きな変化をしなければならないけれど、変化が怖い。

これは年齢や立場、キャリアは関係なく人の本能なんだなと思いました

成長し続けるためには自分を変化させること

現代は、常に情報の洪水にさらされています。

それらを取捨選択するためには、常に成長をし続けなければなりません。
そして成長をし続けるということは変化をし続けることでもあります。

動画の中でもでていますが、自分をマーケティングすることが特に重要だと感じました。

これは事業をされている人だけでなく、会社員の方も必要なことでしょうね。
キャリアプランを形成する上で、自分がどう見られていくのかは非常に重要だからです。

今回のインタビューは非常に有意義な時間でした。

ぜひ動画の方もご覧ください。

高倉豊さんのインタビュー動画はこちらから


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。