起業して成功するために必要なかった1つのこと

HEINEです。

起業から1年で6割の会社が倒産するっていうじゃないですか。
それを聞いて、起業には興味があるけど怖くてできやしないっていう人が結構いるんですが、僕は倒産してないんですね。

これは自慢がしたいわけではなく、なぜ倒産しなかったかというと、起業する前からたった1つだけ忘れないようにしていたことがあるからなんです。
なのでこれを知っておけば、起業をこれからする人やしたいなと思っている人が起業をしても失敗しても倒産にまでなることはなくなると思っています。

参考にしてみてください。

そもそも倒産する理由とは何か?

そもそもなんですが、倒産する理由はなにか、といったらお金がなくなるからですよね。
会社のお金がなくなってしまう。
だから倒産してしまうんです。

当然ですよね。
お金がなければ、営業活動も、商品開発も、広告宣伝も何もできなくなっちゃうからです。
リアルなビジネスは不動産などの固定費がかかりますし、ネットのビジネスでもサーバー代とか回線代とか細かいですが、こうしたお金もかかってきますからね。

お金は会社を運営していく上で酸素と一緒なんです。
僕たちは酸素を吸って二酸化炭素を吐いているから人間として生命活動ができていますが、会社、つまり法人は収入(売上)が入って、支出が出ることで生命活動ができるわけですね。
これがなくなれば、当然死んでしまいます。
だからお金ってすごく大切なんですよ。

で、倒産しないためにみんな売上を上げるわけですが、ここで間違ってしまうんです。

お金はただではもらえない

多くの人はお金はただでもらえると思っているんですよ。
こうして言葉に書くと阿呆らしいですが、本当にそう思ってます。
だからいろんな交流会に出席しては、たくさんの名刺をきり、売り込んでいます。

正直に言いますが、初対面の人に
「はじめまして。僕はデザイナーをやっています。うち良いデザインを作るんで契約してください!」
と言ってお金を払う人っているんですかね。
冷静に考えて相当頭おかしいというか、自分のことしか考えてないんだな、ということが伝わると思います。
でもみんなこれをやってしまうんです。

当然、契約どころか鬱陶しがられて連絡なんて二度としませんよね。
なぜなら連絡=売られる、と思うからです。

これらの人が大前提勘違いしているのは、
『相手をコントロールして買わせる方法がどこかにある』
と思い込んでいるところです。

だから書籍やセミナーとかで、相手の心理をコントロールしようと学習するんですが、、、まぁこの時点で永遠に売上は上がりません。

なぜってお金を得るには正しい順番があることを知らないからです。

お金を得るための正しい順番とは?

僕は起業前からこのことはかなり慎重に準備していました。
なぜって元々ホームレスをしていたような人間ですよ?
どんなに綺麗事を並べても、誰も財布を開いてお金を払おうとは思わないことは百も承知だったからです。

ではどうしたかというと、まずは売らなかったです。
具体的な事例を挙げると、僕が起業後一番最初にクライアントだったのは結婚相談所だったのですが、ここのオーナーがウェブマーケティングを依頼したいと。
そこから話が入りました。

紹介ということもあり、仕事が欲しかった僕は飛んで行って話をしたのですが、そこでわかったのは、興味もあるしやりたいけれど、その分野がわからないし、金額の相場もわからない。
さらに、僕が起業したてと知るや大丈夫かという状態でした。

普通なら契約には至らないケースなんですが、僕はあることを知っていたからこう切り出しました。

「わかりました。でしたらまず相談所にきたことがあるけれど入会をしなかった人たちのリストはありますか?」

オーナーは首を傾げて「あるけど、それがどうしたの?」と言いました。

「今から荷電しますよ。僕ウェブマーケティングが専門ですが、それ以外もできるので。まず荷電してそこから入会に繋がったら成果報酬で支払いをしていだければいいですよ。」

そうしてその日から荷電をはじめました。
情報漏洩のリスクもあるため、相談所内で家電をするのですが、当然常勤しているスタッフとも顔合わせが増えますよね。
そんな中、バンバン電話をして、冷めてしまったユーザーを引っ張り上げて入会につなげるということをし続けました。

そんなことを暫く続けていると、オーナーから正式にウェブマーケティングの契約が取れました。
後で聞くと、スタッフ側からもかなり後押ししてくれたようですね。
と、こんな感じのことが実体験であったんですが、、、ここで何をしたから契約に至ったかわかりますか?

それは、信用を得ることを最重要視したということです。

お金を得るには、いきなり売り込んでも意味がないんですよね。
だって信用がないんですから。
いきなり家のドアをノックする音が聞こえて「浄水器買いませんか?」と言われても絶対に買いませんよね。
それと一緒です。

浄水器のように訪問販売の例を挙げればわかることも、いざ自分が営業をするとなると、同じことをやってしまうのが多くの人たち。

本当にしなければならないのは、信用を得ることなんです。
そして信用を得たから、次にお金を得ることができるようになるんです。

最優先事項は信用を勝ち取ること

なので、信用を得られるにはどうしたらいいか?とこのことだけに集中すれば大丈夫です。
自分の商品をどうPRするかとか、勿論それも大切なのですが、信用のない人にはPRをするチャンスすら訪れません。

僕は日頃から人間関係が最強の資産だと伝えていますが、信用をきちんと構築していれば、仕事もくるし、リピートもくるし、紹介も起きたりするんです。

そこには広告をバンバン打って有名になるとか、ブランディングをするとか、そうしたことをしなくても成立するんですね。
(そもそも広告を打ったり、ブランディングという行為が信用してもらうためにまず知ってもらおうという行為なのでその後信用を正しく得ることができなければ全部無駄金です)

起業する時ってお金がないことが多いですが、だからこそ信用を勝ち取ることができるようどうしたらいいのか頭をひねってみてください。

僕はマーケティングが売りたいのに、最初は荷電営業からスタートしました。
そんな入り口は普通にあります。が、信用を得ることを最重要視した場合、やらない理由はないですよね。

結果的にその後、出版プロデュースまで繋がり、そこで僕から手は離れましたが、その後も良い関係を継続しています。

まとめ

起業をする上で大切なのがお金であること。
お金は酸素と同じ。
とはいえ、いきなりお金を得ることはできない。
お金を得るためには、まずは信用を得ること。
信用を得ると、次にお金を得ることができる。

ぜひ参考にしてみてください。


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。