トラブルが起きた時の考え方

HEINEです。

あなたはトラブルが起きた時どうしますか?
 
ちなみに僕もこうしてブログを書いてますが、結構な頻度でトラブルは起きています笑
 
特にビジネスだけでなく投資もしているので投資のトラブルは結構な確率でおこります。
(それでも大分ヘッジできるようにしました)
 
何より一番のトラブルの原因はお金です。圧倒的に多いですね。多分90%以上はお金だと思います。
 
そういえば投資といえば最近詐欺が多いですね。
昔からあったのかもしれませんが、その規模がどんどん大きくなっている気がします。
 
話を戻すと、このトラブルについて、(特にお金について)どんな風に対処したらいいのか、についてを話していきたいと思います。
 
なぜこんな話をしようかと思ったかというと、、、
実はちょうど最近僕の友人の社長があるトラブルに巻き込まれてしまい、多額の損失をしてしまったんですね。
そのエピソードがキッカケです。
 
額にすると1億いかない位になるわけですが、会社としては大打撃な金額です。
 
その友人と話をしていたのですが、トラブルに『巻き込まれた』という言葉通り、彼以外も同様のトラブルに巻き込まれたわけです。
 
事件としてニュースに取り出されてはいませんが、僕はトラブルの内容から大規模な詐欺じゃないかな、と踏んでいます。
 
(ちなみに裁判をした所、本人は出廷せず勝訴、資産性のあるものを確保するために自宅へいくとすでにもぬけの殻だったようです)
 
彼は残念なことにその被害者の一人になってしまったわけです。
 
ちなみに債権者たちが集まるシーンがあったようですが、その時の狂気の沙汰は言葉に表せないほどだったらしいです。
(僕はまだそういうシーンに立ち会った経験がありません)
 
当事者の一人である友人は、そんな中どんな様子だったかと言うと、淡々と事実だけを受け止め帰ってきたようです。
 
なぜそうしたかというと、彼曰く
 
「時間の無駄だから。」
 
と言っていました。
 
確かにトラブルに巻き込まれて損失を出したことは痛い。
けれどだからといって感情的になって時間を無駄にして会社を潰すわけにはいかない。
だったら今の状況を把握してできることをしよう。
 
と感じたと言っていました。
 
切り替えの早さと冷静な判断力はさすがだなと思いました。
僕と会った後にも新規のクライアントと仕事の打ち合わせをしにいくと言ってましたしね。
 
余談ですが、僕は彼がこうした大きなトラブルに巻き込まれたのは初めてみたのでそのこと自体に驚いていたのですが、それ以上にトラブルに対する考え方があまりに正しすぎて驚きました。
 
道理で過去トラブルといった話は聞いたことがなかったわけですね。
普段から小さなトラブルなど日常の些事としてさばいているんでしょう。
 
とはいえ、僕もこうした考え方に対して気になったので
彼にどうしてそんな風に考えられるようになったのか、聞いてみたんです。
 
すると興味深かったのが彼の過去のキャリアの話が出てきたことでした。
 
実は彼は元パイロットという異例のキャリアを持つ会社経営者なのですが、パイロットの訓練の時に教わったことが生きていると言ってました。
 
飛行機がなんらかのトラブルで墜落してしまう、という事態になってしまった時の話です。
 
こういう事態に陥ったら時、まずしなければいけないのは、パニックにならないこと。
 
パニックになっても仕方なく、現実から目を逸らしていたら時間が過ぎていずれ落ちてしまいます。
 
なので現状をまず把握してどうしたら着陸ができるか、そのことを考えるそうです。
そしてできる選択肢がわかったら、早急に実行するとのことです。
 
つまり、こうしたトラブルになることは想定内、トラブルが起きた時にどう対応するかを訓練の一環でやっていたようです。
 
言葉だけ聞くと、当たり前のように聞こえますが、実際にその状況になるとパニックになるのが人間です。
 
そしてパニック状態になるとIQが下がり、普段できる選択ができずにおかしな行動をしてしまうという臨床結果もあります。
 
債権者たちが集まった時の様子がまさにそれですよね。
 
ですから相当の訓練を積んだのだなと思いました。
 
パイロットとなると乗客の命も預かっているため、当然なのかもしれませんが、この話を聞いて、彼のトラブルに対する冷静な対応は理解できました。
 
とはいえ、僕たちは彼のような訓練を積んではいませんし、いきなりそれをやれ、ということもできません。
 
なのでそのまま100%同じことをするということはできないのですが、参考になる考えはあります。
 
確かにトラブルに巻き込まれて損失を出したことは痛い。
けれどだからといって感情的になって時間を無駄にして会社を潰すわけにはいかない。
だったら今の状況を把握してできることをしよう。
 
この部分ですね。
 
トラブルが起きた時はまず現状をしっかりと認識することですよね。そうすることで次の一手が決まります。
 
感情的になってパニックになっていると、それこそ時間がズルズル過ぎてしまい、トラブル以外のことにまで影響しかねません。
 
実際一番多いのはこの部分ですよね。
 
ここから二次的要素でそのまま自己破産という話も結構耳にします。
 
現状を把握して次の一手を実行できたら
「そんなことにはならなかったのに、、、」
と思うと、どんな人間も感情に飲まれると一気に窮地に立たされたりするんだと感じました。
 
今回の話はトラブルについてですが、トラブルは大小関わらずいつでも起きます。
 
ですからトラブルが起きる前に、
 
『トラブル放置は人生の損失』
 
とくらい考えておくと良いかと思います。
 
今日はこの辺で。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。