バーチャルで起業する

HEINEです。

一歩踏み出すことは勇気がいりますよね?

なので何か始める上でどうしても
恐怖が襲ってくるのですが、、
それは起業をして今事業をしている
僕も同じシーンはありました。
 
だからよくわかるんです。
 
とはいえ、
 
日々新聞やニュース、そして実際に
働いている会社でも薄々と感じているのは
終身雇用などない、自分のことは
自分でしっかりと守っていかなければならない
ということです。
 
すごく当たり前のことなんですが、
誰かに守られている間は、
守られていることが当たり前すぎて
その外の世界が全くわからなかったです。
 
(といっても僕の場合は、
 せいぜいバイト程度でしたが)
 
ではどうしたらいいのか。
 
ずるずると時間だけ待っていれば、
いずれ自分にも5年後は訪れるし、
その時の保証なんてどこにもない、
ということがわかっています。
 
そんなあなたは僕がとった方法と
同じ方法をとれば怖くなく起業を
することができます。
 
それは、
 
無給でお手伝いをさせてもらえる会社
を探すことです。
 
ポイントは無給です。
 
無給であれば相手の企業側もコストが
生まれないためリスクになりませんし、
自分も必死に吸収をしようと思います。
 
そこで必死に1つのビジネスを
学習するのです。
 
ベンチャーがいいといったのは、
人数の規模が少ない方がビジネスモデル
が見えやすいため、
全体像がわかりやすいためです。
 
大企業になると、そもそも無給でも
お手伝いは採用してくれないですし、
いろんなことをチャレンジさせては
くれません。
 
でもベンチャーであれば、むしろ
人は少ないので、コストがかからない
スタッフが一人でもいるのは
ものすごく助かるのです。
 
なので採用されやすいです。
 
そこでいろんなことをやらせてもらい、
しっかり全体像を身につけたら、、、
いよいよ独立をするのです。
 
イメージでいうと、
 
ベンチャーのお手伝いをすることで、
バーチャルで起業している状態なんです。
 
ある意味、人のお金で起業を仮経験
させてもらっている状態なので、
いきなり身銭をきっての起業よりも
ハードルが低いんですよね。
 
ちなみに僕もそうした方法で、
しっかり自信をつけてから
独立をしました。
 
話に聞くと、楽天とかで働く人の
中にはそうした目的で入社している
人もいるとか・・。
 
すごい時代ですよね。
 
なので、
 
起業自体はしやすい環境になっているので、
うまく活用していきましょう!
  
今日はこの辺で。
 
あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。
 
HEINE


【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。