富裕層の共通点について調べてみた

HEINEです。

僕には富裕層を相手にビジネスをしている友人がいます。
ある日彼と話していると一つの話題があがりました。

「富裕層の方ってどんなビジネスをしているんだろう?」

まぁそりゃそうですよね。
富裕層の方たちと同じビジネスをすれば、自分もうまくいく可能性が高いと考えたわけです。
僕らは繋がりのある、いわゆる富裕層に該当する人達に、具体的にどんなビジネスをされている方がいるのか、そこに共通点はあるのかなどの実態調査をしてみました。
ちなみに富裕層を定義する上で大切なのが、野村総合研究所が出しているデータです。
金融資産をどれだけ保有しているかで層を分けているのですが、以下の通りになっています。

今回はこの中の富裕層以上に該当する人達ですね。に色々聞いてみたわけです。
結構面白い結果になったのであなたがビジネスをする上で参考になるヒントもあるかと思います。
楽しみながら読んでいただければと思います。

富裕層の職業

結論から言うと、富裕層の方たちのビジネスは皆バラバラでした。
ものの見事にパキッとわかれたため、聞いてまわった僕らも驚いたくらいです。
ちなみに友人が手がけているビジネスは、スーパーカーや船、ヘリコプターなどを販売しているため、現実的にそれらを購入することができる方たちがお客さんになっていて彼らから色々聞いてくれました。
一方僕のビジネスはそういった商品を扱っていないため、よく相談にくるような友人たちが富裕層に該当するため、彼らに色々聞いてみました。
人数にすると30人近くになります。が、ビジネスの偏りというか、こういうのをやってる、というものはほとんどありませんでした。

例えば、板金屋をやられている方もいれば、焼肉屋さんをやられている人もいて、不動産会社をやっている方もいれば、車屋をやっている方もいました。
皆ほんとうにバラバラです。
(他にもIT事業をやっている人や建築業をやられている方、とあげればキリがないくらいありました)

しかしあった。意外な共通点

とはいえ、全く共通点がないというわけではありませんでした。
それはビジネスのカテゴリではなく、ビジネスに対する考え方でした。

具体的にどういうことかというと、皆一つの事業ではなく複数の事業を持っていたのです。
そして複数の事業を持ちながらポートフォリオを構築していたのが最大の発見でした。

ポートフォリオとは元は金融用語だと思いますが、複数の資産を分類したものになります。
例えば投資におけるポートフォリオだと、

銀行預金に40%
株式に30%
外貨に20%
不動産に10%

みたいに表記したりします。
以下は年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)のポートフォリオですが、こういう風に円グラフで表記されることが多いです。

要は自分の資産をどこにどの程度あるかを数字にしたものと考えてもらえば大丈夫です。
それを富裕層の方達はビジネスでやっているんですね。

じゃあどうやって配分をわけているかというと、これも投資と同様に考えているようです。
どういうことかというと、投資における分散投資とは、リスクバランスに応じて配分を変えたりするんですね。
配分は人によって様々です。(リスクを取る人は、ハイリスクハイリターンのものを多く持ったりします)
同様にビジネスにおいてもリスクとリターンのバランスを見ながら分散しているようです。

なにより驚いたのが焼肉屋がメインでやられていて、ある程度認知度の高い人が水商売も事業で持っていたこと。
これは水商売の方がより大きなリターンを得ることができる、ということからポートフォリオに組み込んでいるのでしょうね。
とはいえ、法人は全く別なので表から見ると、その人のポートフォリオとは全く気づきもしませんが。
(つまり焼肉屋と水商売が繋がっているとは思わないということ)

そう考えると富裕層の方もビジネスを複数持って、リスクヘッジをしているんだなと気づきました。
この点は投資におけるリスクヘッジと同様のため、全く違うルールである投資とビジネスであるのに同じポイントを重要視していることは面白いなと思いました。

0から始めるあなたがとるべき戦略は?

最後に話すのは、じゃあ0から始める人が富裕層に入るためには、富裕層を目指すにはどのような戦略をとった方がいいかについてです。
安心して欲しいのは最初から富裕層の方と同じように、複数のビジネスを手がけていく必要はないということです。

というのは、今回色々な方に聞くことでわかったのは、誰もが最初は一つの事業に集中していたということです。当たり前といえば当たり前ですけどね。

なのでまずは一つ目の事業を集中してやる。
そしてその事業が自分がいなくても回るようになったら(つまりオーナーになったら)次のビジネスに乗り出してみると良いと思います。
富裕層の方はそうして複数のビジネスをポートフォリオに持っていました。
最初から複数を持つとそれぞれが疎かになり、結果的に一つもうまくいかなくなるようですね。

ぜひこの考え方を上手に活用してください。

あなたの成功が一歩でも近づいたら嬉しいです。

HEINE


【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。