コロナの影響、日本の対策、僕らができること

HEINEです。

HEINE
新型コロナウイルスの影響を僕の周りでもよく聞きます。

実態とは乖離した噂などで恐怖が必要以上に膨らみ、経済活動を停止させる勢いを感じています。
とはいえ、会社経営をしている人は売上を作らなければ雇用している人を守ることもできないので大変です。
瀕死な状態で相談にくる人もいます。

今日は会社経営をしている人に向けてできることについてを話していこうと思います。

今回のコロナの影響で何より怖いのが資金繰りがストップしてしまうこと。
売上が減少すれば、当然事業計画にも支障がでますよね。
当初考えた売上をもとに事業運営していることなども考えると、売上減少=会社倒産というロードマップが見えてしまいます。

そんな中、日本政府としても対策を講じています。
特別な融資措置を取り計らうよう金融機関に伝達しているのです。

例1
例えば政策金融公庫であれば、新型コロナウイルス感染症特別貸付です。
個人事業主と小規模事業者は「国民生活事業」から、中小企業は「中小企業事業」から借入することができます。
コロナの影響で一時的に状況悪化になっている方を対象に融資しますよというものです。
条件等は直接調べてもらえればわかりますが、現在融資をうけている額とは別枠なのが特徴です。
個人事業主と小規模事業者であれば最大6000万、中小企業は最大3億まで融資が可能です。
金利も特別措置なのでかなり低く、さらに無担保だったりと中長期的に回復することを見込んでの異例の措置と言えます。
こうした措置は国指導のもとで行われているので現状に混乱することなくしっかりと取り組むと良いと思います。

例2
また、銀行に関してはセーフティネット保証4号とセーフティネット保証5号があります。
こちらは中小企業庁のHPに該当の条件や業種などがPDFで記載されているので調べてみてください。
こちらも通常の融資とは違い、特別措置で4号の場合は信用保証協会の保証を100%、5号の場合は80%保証してくれます。

これが通常の銀行融資を受けている人、または銀行関係者であればどれだけ異例な事態かはわかるはずです。
それくらい中小企業を支えようという姿勢を示しているということになります。
ですからこうした融資は活用できる時にしっかり活用した方がいいですね。

特に恐怖で混乱状態になると、思考が停止して、何も手がつかなくなる人がいますがそれは間違いです。
これは事業をしていない人に限ったことではなく、事業をしている人も同様に思考停止している人もいるので、一度深呼吸をしましょう。
国も企業が潰れてしまうことは税収が下がるという上でしっかりと動いてくれているので、活用できることは活用し、考えながら乗り切りましょう。

ちなみにこれらの融資を活用している人は多くいるので、政策金融公庫や銀行に人が集まりやすくなっています。
なので早く融資を引きたい場合は早めに動いた方が良いかと思います。
業務が集中し、融資までのタイムラグも十分ありえます。

【無料】総ページ数140ページに渡るゼロから起業するまでの道のりを具体的に書いた電子書籍を無料でプレゼントしています。