知らないと損するフリーランスの価格設定の決め方

明日香
本日のテーマは『フリーランスのデザイナーです!仕事の単価をどう上げていいか分かりません。高すぎると引かれてしまうし、かといって自分を安売りしたくありません。仕事の単価をどう決めればいいですか?』というテーマです」。
HEINE
なるほど、美穂さん周りとか相談だったり、もしくは美穂さん自身でイメージありません?
美穂
まあ、大体皆さんね、格安にしてますよ(笑)
HEINE
あはは、なるほど(笑)
明日香
初めは安く(笑)
美穂
 他より安いっていうのを売りにしている人が多い。
HEINE
なるほどね。じゃあ、安くしろってことですか?
明日香
(笑)
美穂
専門性がある人は高く値段をつけていますよね。
HEINE
あ~
美穂
安い仕事は受けませんっていう。でも大体は安くしているかな?
HEINE
じゃあ「単価を決めるにはどうすればいい?」って聞かれたら「安くしなさい」と。
美穂
(笑)
明日香
(笑)
美穂
 いや、人によるけど、「平均でいいんじゃない?」って言いそう。
HEINE
じゃあ、相場を調べて「平均でいいんじゃない?」と。
美穂
そうそう。よっぽどずば抜ける何かがなければ。
HEINE
なるほど、僕もそれ系の質問あるんですよ。そもそもなんですけど、もしね、「このデザイナーさんじゃないとダメなんです!」とお客さんがいっぱいいる状況なら金額いくらでもいいんですよ。
美穂
うんうん
HEINE
なぜならば、「このデザインが他の人では出来ないから、あなたじゃないとダメ!」という場合は、誰でも出来ないから、その場合は金額吊り上げてもお客さんは離れないわけですよね。
明日香
 うん
HEINE
だけどこれって、これからフリーランスでやる場合分からないじゃないですか、そもそも認知もされていないし、信用もないんですよ。
HEINE
まず自分のやっている仕事を知ってもらわないといけないし、「この人すごいな」と信用をしてもらわなきゃいけないから、この二つのステップを踏むには、知ってもらうために単価を安くするのはありです。
明日香
なるほど

 

自分の市場ができ始めたら、金額上げていいですよね。
HEINE
そう、だから相場を知った上で安くやって、まずは手に取ってもらう。
明日香
うんうん
HEINE
納品したときに、「●●さんやっぱり凄いわ」ってなってリピートとかついて、少しずつお客さんがつきました。自分の市場ができ始めたら、金額上げていいですよね。
美穂
うんうん
HEINE
他の人にはこのデザイン出来ないんだから。「この金額で納得出来ないんだったら、どうぞ、他の人に行ってください」っていう感じになるわけです。
明日香
うんうん、なるほど!
HEINE
そういう風に段階を決めて、まずは知ってもらわないといけないから、そこからスタートするのが一番ですね。
明日香
う~ん、なるほど
HEINE
ただただ安くて、自分も他の人と比べて何が違うとかも何にもない場合は安くし続けるしかないんだけどね。
美穂
うんうん
HEINE
それははっきり言ってプロではないから、自分の強みだったり、他と違うところを出して作っていくことが大事だよね。イメージ出来た?
明日香
一回安くすると、逆に「この度高くしちゃって、、」みたいに言い出すのが、、
HEINE
値上げを言いにくいのね。
明日香
そう!そんな気がしました。
HEINE
これね、色んな言い方あるんですよ。
美穂
おお!
明日香
言い回し結構大事だと思う、、

私じゃなくて、国の事情だから仕方がないんですよ。

HEINE
だから例えば、よくあるのは、法律改定とか。
美穂
あはは!あ~なるほどね(笑)
明日香
(笑)
HEINE
 法律が変わってとか、あとは消費増税のため、とか。
明日香
あ~やむを得ないやつ(笑)
HEINE
そうそう、私じゃなくて、国の事情だから仕方がないんですよ。
HEINE
 なるほど!一番良い(笑)
美穂
一番言いやすい(笑)
HEINE
分かる?それだったら言いやすいじゃん。
美穂
(笑)
HEINE
何かに理由つけて値上げすることが多い。実際周りで「あそこ値上げしたわ~」っていうのは、何かしら理由つけてない?
明日香
あ~そうかも
HEINE
「じゃあしょうがないな~それだったら」ってなったりすることがあると思うんだよね。
美穂
うんうん
HEINE
例えば、美容室だったら、コロナの影響により、スタッフの維持だったり、色んなものの為、一時的にこうしますってなったとしても「コロナじゃしょうがないよね」みたいな感じのとか。
明日香
あ~そうかそうか!
HEINE
っていう風に何か理由をつけてあげる。
明日香
言い回し一つで全然変わりますね!
HEINE
ただ「値上げします!」って言ったら、「あんたの都合じゃん」ってなっちゃうから、それは言いにくいよね。
美穂
私の経験上だと、安い仕事でもさ、納期守ったり要求されたデザインを仕上げる能力がある人だったりすると、追加でくるんですよ。「これもやってくれないかな?」みたいな信用が生まれているから、追加で要求がきた時のタイミングで値上げするのもありかなと。
HEINE
そうそう、信用があれば値上げでも、それこそ理由付けとかしなくても「●●さんなら全然いいですよ!むしろ今まで安かったくらいですから」って言ってくれるケースがある。
明日香
それ一番良いですね!
HEINE
とても大事ですよね。安いままだと回らなくなってきますから。それで回らない人は、そもそもプロとしてのスキルなどが無い可能性がありますよね。
美穂
 あ~
HEINE
他の人と変わらないじゃんっていうものを提供している可能性がある。
明日香
それでは今回は『フリーランスのデザイナーです!仕事の単価を決めればいいですか?』についてお送りしていきました。是非皆さんも参考にしてみてください。

【無料】資金ゼロで、ビジネス初心者だったホームレスが、たった1年で起業し、年収2000万円になった方法